ここから本文です

ツール・ド・フランス第10ステージは精鋭6人のゴールスプリントを制してマシューズが区間初優勝!

CYCLE SPORTS.jp 7/13(水) 8:23配信

区間2位のサガンはマイヨ・ベール獲得

第103回ツール・ド・フランス(UCIワールドツアー)は、休養日明けの7月12日にアンドラ公国のエスカルデス・エンゴルダニからルベルまでの197kmで第10ステージを競い、最後は集団から逃げ切った6人でのゴールスプリントになり、オーストラリアのマイケル・マシューズ(オリカ・バイクエクスチェンジ)がアルカンシエルのペーテル・サガン(ティンコフ)を打ち負かして区間初優勝した。

25歳のマシューズは、これで3大ツアーすべてで区間優勝したスプリンターの仲間入りを果たした。区間2位のサガンはポイント賞総合首位に返り咲き、マイヨ・ベールを獲得した。

メイン集団は10分近く遅れてゴールしたが、マイヨ・ジョーヌは英国のクリストファー・フルーム(スカイ)が守り、総合上位に変動はなかった。

マシューズのコメント:今大会はすでに3回落車して、心が折れかけていた。休養日に妻が来てくれてモチベーションをキープできたので、夢がかなった」


■第10ステージ結果[7月12日/エスカルデス・エンゴルダニ~ルベル/197km]
1 マイケル・マシューズ(オリカ・バイクエクスチェンジ/オーストラリア)4時間22分38秒
2 ペーテル・サガン(ティンコフ/スロバキア)
3 エドワルド・ボアソンハーゲン(ディメンションデータ/ノルウェー)
4 グレッグ・バンアーベルマート(BMC/ベルギー)
5 サミュエル・デュムラン(AG2R・ラモンディアル/フランス)
6 ダリル・インピー(オリカ・バイクエクスチェンジ/南アフリカ)+2秒
7 ルーク・ダーブリッジ(オリカ・バイクエクスチェンジ/オーストラリア)+1分10秒
8 ダミアーノ・カルーゾ(BMC/イタリア)+3分01秒
9 ゴルカ・イサギレ(モビスター/スペイン)+3分10秒
10 トニ・ガロパン(ロット・ソウダル/フランス)+3分10秒
25 クリストファー・フルーム(スカイ/英国)+9分39秒
56 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)+9分39秒

■第10ステージまでの総合成績
1 クリストファー・フルーム(スカイ/英国)49時間08分20秒
2 アダム・イエーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ/英国)+16秒
3 ダニエル・マーティン(エティックス・クイックステップ/アイルランド)+19秒
4 ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)+23秒
5 ホアキン・ロドリゲス(カチューシャ/スペイン)+37秒
6 バウケ・モレマ(トレック・セガフレード/オランダ)+44秒
7 ロマン・バルデ(AG2R・ラモンディアル/フランス)+44秒
8 セルヒオ・エナオ(スカイ/コロンビア)+44秒
9 ルイ・メインティス(ランプレ・メリダ/南アフリカ)+55秒
10 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)+1分01秒
11 ティージェイ・バンガルデレン(BMC/米国)+1分01秒
13 ファビオ・アルー(アスタナ/イタリア)+1分23秒
14 リッチー・ポート(BMC/オーストラリア)+2分10秒
123 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)+1時間37分40秒

[各賞]
■ポイント賞(マイヨ・ベール):ペーテル・サガン(ティンコフ/スロバキア)
■山岳賞(マイヨ・アポワ):ティボー・ピノ(FDJ/フランス)
■新人賞(マイヨ・ブラン):アダム・イエーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ/英国)
■チーム成績(黄ゼッケン):BMCレーシングチーム(米国)
■敢闘賞(赤ゼッケン):ペーテル・サガン(ティンコフ/スロバキア)

最終更新:7/13(水) 8:23

CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年1月号

株式会社八重洲出版

1月号
毎月20日発売

670円