ここから本文です

清武負傷のセビージャ、トップ下を補強。かつてネイマールら指揮した男が加入

フットボールチャンネル 7/13(水) 7:02配信

 日本代表MF清武弘嗣が負傷で離脱したセビージャだが、早くも新トップ下を確保している。12日、スペイン紙『アス』が報じた。

 清武は右内転筋を損傷し、全治3~4週間の離脱を強いられていた。この結果レアル・マドリーとのUEFAスーパーカップへの出場も危ぶまれている。一方でサンパウロは現地時間の12日にブラジル代表MFガンソがセビージャに移籍することを発表したとのこと。移籍金は950万ユーロ(約11億円)とみられている。

 ガンソは2005年に15歳でサントスに加入。次世代のブラジル代表の背番号10番と期待された逸材だったが、度重なる負傷でブレイクを逃した。それでも2011年にはサントスの一員としてクラブ・ワールドカップに出場。ネイマールを擁する同チームのトップ下として攻撃を指揮した。

 近年は負傷を克服し、出場はなかったものの背番号7番としてコパ・アメリカにも招聘されている。清武が負傷離脱したこともあり、インテルへと移籍したエベル・バネガの代役として活躍に期待が集まりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/13(水) 7:46

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。