ここから本文です

“マケレレ二世”獲得に動くレアルに中国クラブが横槍! 移籍金46億円のメガオファーを準備か

Football ZONE web 7/13(水) 8:59配信

欧州メガクラブ注目のカンテ獲得に上海上港が乗り出す

 ミラクル・レスターの一員で新シーズンの去就が注目されているフランス代表MFエンゴロ・カンテに、“爆買い夏の陣”を仕掛けようと中国クラブが手を挙げた。スペイン紙「AS」によると、中国スーパーリーグの上海上港がカンテ獲得に4000万ユーロ(約46億円)もの移籍金を用意したと報じている。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 カンテは昨季のプレミアリーグで、ナンバーワンの数値となるタックル成功数をマーク。レスター加入1年目ながらイングランド代表FWジェイミ・ヴァーディ、日本代表FW岡崎慎司らの仕掛けるカウンターの起点役として一気にブレークした。その勢いに乗って欧州選手権(EURO)のフランス代表にも選出された。

 卓越した中盤でのボール奪取能力に、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナルなどメガクラブも注目。特に熱心なのが、カンテと同じフランス人のジネディーヌ・ジダン監督率いるレアル・マドリードだ。レアルは昨季途中からブラジル代表MFカゼミーロがアンカーとして定着したが、チーム内競争を活性化させるため、かつてジダン監督の黒子役としてプレーした元フランス代表MFクロード・マケレレ氏の再来を狙い、カンテ獲得に照準を合わせている。

巨額オファーにカンテの心が揺れ動く?

 しかし、そこに思わぬ横槍が入った。それは莫大な移籍金とサラリーを提示し、サッカー市場を荒らしている中国からのオファーだ。ズベン=ゴラン・エリクソン監督率いる上海上港はカンテに対して4000万ユーロ、現在のカンテに対する移籍金設定額である1500万ユーロ(約17億円)を軽く上回るオファーを提示した模様だ。

 カンテはレスターからの週給12万ユーロ(約1400万円)のオファーを拒否し、心が揺れ動いているのではないかとも囁かれている。レスターの躍進を支えたハードワーカーは、新たな戦いの場をUEFAチャンピオンズリーグやビッグクラブではなく、莫大なチャイナマネーを提示する中国の地へと求めるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/13(水) 8:59

Football ZONE web