ここから本文です

ペネロペ・クルスの夫のハビエル・バルデム、フランケンシュタイン役に?

VOGUE JAPAN 7/13(水) 23:00配信

ハビエル・バルデムがフランケンシュタイン役を演じる可能性が出てきた。『バラエティ』誌によれば、ユニバーサルが手掛ける新作映画に、1818年にメアリー・シェリーの小説に初登場したフランケンシュタインとしてハビエルが出演する方向で交渉が進んでいるという。

ハビエル・バルデムの関連フォトギャラリー。

1950年代にモンスター映画と共にその名を馳せたユニバーサルは、脚本家のアレックス・カーツマンとクリス・モーガンを迎えて往年のキャラクターたちを銀幕に再び蘇らせるリメイクプロジェクトを進めている。

そのシリーズ中の1つの作品『ハムナプトラ』のリブート版では、トム・クルーズが主役の海軍特殊部隊員タイラー・コルトを演じる中、19世紀のロバート・ルイス・ステイーヴンソンの小説『ジキル博士とハイド氏』のキャラクターであるヘンリー・ジキル博士役としてラッセル・クロウが務めることが決まっている。また、ジョニー・デップは1933年に映画化された『透明人間』のタイトルロールを新作映画の1つで演じるとみられており、アンジェリーナ・ジョリーがリブート版『フランケンシュタインの花嫁』で主演兼監督を担うのではと見られている。

ハビエルはもともと『ハムナプトラ』リブート版となる『ザ・マミー』のジキル役を打診されていたという。

現在新作映画ダーレン・アロノフスキー監督作『デイ6』の撮影に臨んでいるハビエルは、ショーン・ペン監督作『ザ・ラスト・フェイス』の公開を近々控え、また出演作の『パイレーツ・オブ・カリビアン:デッド・メン・テル・ノー・テイルズ』は2017年に公開を予定している。

Text by Bangshowbiz

最終更新:7/13(水) 23:00

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月28日発売

700円(税込み)

「超豪華!国内外の「OVER THE TOP」な女性たちの大特集
「Women of the Year」、「VOGUE BEAUTY AWARD」を発表」