ここから本文です

【MLB】イチローが振り返った、オルティズとの球宴「彼は唯一話しかけてくれる選手だった」

ベースボールチャンネル 7/13(水) 17:00配信

DHでこれだけプレーできるのは驚異的

 マイク・トラウト、ブライス・ハーパーら今を煌めくスター選手たちが揃った2016年のMLBオールスターゲーム。売出し中の若手スターから、メジャー最年長のイチローまで誰もがその人柄を絶賛するレッドソックスのデービット・オルティズこと「ビッグ・パピ」は、自身10回目にして最後のオールスターを終えた。

 昨年は39歳ながら37本塁打、108打点の好成績を残すも、シーズンオフに今シーズン限りでの引退を表明していたオルティズ。今年は開幕から全盛期に迫るペースの猛打を見せており、OPS1.107はリーグトップ。打率.332、22本塁打、72打点と各主要項目でもリーグ6位以内に入っており、40代での三冠王にすら手の届く範囲にいる。あまりの打棒爆発ぶりに、ファンからは引退撤回の声が絶えないほどだ。当日は4番指名打者として2打席に立ち、1打席目は一塁ゴロ、2打席目は四球だった。

 メジャー最年長であるマーリンズのイチローもボストン地元紙『Boston Herald』上で、オルティズを絶賛している。

“What he’s doing, he’s a DH, and I think it’s harder to just be a DH,” Suzuki said through a translator. “Just because you go out in the field and that’s how you get into the rhythm of a game. And for him to be able to play this long at DH, is amazing.
「彼がやってきたことは素晴らしいし、何より彼はDHです。DHとして試合に臨むのは非常に難しいと僕は思います。」と鈴木は通訳を通して語った。「なぜなら試合のリズムはフィールドに出ることで感じることができるものだからです。DHでこれだけ長い間プレーできるオルティズは驚異的です」

 かたや日本から来た抜群の強肩を誇る俊足巧打の安打製造機、かたやドミニカ出身、常にバット一本でチームを勝利に導いてきた稀代のクラッチヒッター。タイプは真逆ながら共に21世紀のアリーグを代表するスターの2人。これまで同じチームでプレーしたことは0、同一地区でプレーしたのすらイチローがヤンキースに在籍したわずか2年半の間だけながら、オールスターでは2004~2008、10年と過去に6度プレーしている。

1/2ページ

最終更新:7/13(水) 17:00

ベースボールチャンネル

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。