ここから本文です

コウノトリが赤ちゃんをお届け!? ピクサー作品アニメーターが監督『コウノトリ大作戦!』公開へ

リアルサウンド 7/13(水) 6:00配信

 『ファインディング・ニモ』などのディズニー/ピクサー作品でアニメーターを務めてきたダグ・スウィートランドが監督を務めたアニメーション映画「STORKS」が、『コウノトリ大作戦!』の邦題で11月3日に公開されることが決定し、あわせて特報映像とポスタービジュアルが公開された。

 本作は、『ファインディング・ニモ』をはじめ、『モンスターズ・インク』『カーズ』『トイ・ストーリー』など、数々のディズニー/ピクサー作品のアニメーターを担当し、2008年には初監督作となる短編『マジシャン・プレスト』を手がけたスウィートランド監督が、『ネイバーズ』のニコラス・ストーラー監督とともに手がけたアドベンチャー・アニメーション。“赤ちゃんのお届け”が禁止されるている「コウノトリ宅配便社」のNo.1配達員ジュニアが、思わぬ手違いから誕生した人間の赤ちゃんを、会社に内緒で人間界に届けることを決心する模様を描く。

 このたび公開された特報映像では、ひとりっ子で遊び相手がいない少年ネイトが、「コウノトリ宅配便社」に赤ちゃんを注文する模様が映し出されるほか、「コウノトリ宅配便社」のNo.1配達員ジュニア、ジュニアとともに冒険に出る女の子チューリップ、「コウノトリ宅配便社」の社長、ジュニアたちの邪魔をするハトのトーディら様々なキャラクターの姿が捉えられている。

 一方のポスタービジュアルには、“いくぜベイビー!”のコピーとともに、おしゃぶりをくわえた赤ちゃんを運ぶコウノトリのジュニアが、大空を飛ぶ様子が写し出されている。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/13(水) 6:00

リアルサウンド