ここから本文です

ラッパー ぼくのりりっくのぼうよみ初監督MV「Newspeak」公開

KAI-YOU.net 7/13(水) 20:10配信

ラッパー/ボーカリストとして活動するぼくのりりっくのぼうよみさんの新曲「Newspeak」のMVが公開された。

ぼくのりりっくのぼうよみさん自身が監督を担当し、2015年12月にリリースされた1stアルバム『hollow world』のMV3部作でタッグを組んだ東市篤憲さんをプロデューサーに迎えている。

ぼくのりりっくのぼうよみが初の監督に挑戦!

「Newspeak」は、7月20日(水)にリリースされる1st EP『ディストピア』のリード曲。

ジョージ・オーウェルさんの小説『1984年』に登場する架空の言語「ニュースピーク」がタイトルに用いられており、人々を「哲学的ゾンビ」と形容し問題提起するリリックが特徴だ。

今回公開されたMVは、東市篤憲さん全面サポートのもと、ぼくのりりっくのぼうよみさんならではのリリックの世界にスポットを当てた映像に仕上がっている。

MVの途中に登場する、初監督として収録の様子を見守るぼくのりりっくのぼうよみさんの初々しい姿にも注目だ。

最終更新:7/13(水) 20:10

KAI-YOU.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。