ここから本文です

EUROで2得点のウェールズ代表“無所属FW”に年俸7億円!? 中国&UAEから破格オファーか

Football ZONE web 7/13(水) 11:45配信

一躍その名を轟かせたカヌにもアジア上陸の可能性が浮上

 欧州選手権(EURO)で2得点を挙げてウェールズ代表のヒーローとなった無所属のFWハル・ロブソン=カヌに、アジア上陸の可能性が浮上している。“爆買い”で移籍市場を席巻する中国スーパーリーグの北京国安、江蘇蘇寧、UAEのアル・ジャジーラ・クラブが獲得に興味を示していると、英衛星放送局「スカイ・スポーツ」が報じた。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 昨季限りでイングランド2部のレディングと契約満了となり無所属で臨んだEUROで、カヌは一躍ヒーローとなった。初戦のスロバキア戦(2-1)で決勝ゴールをマークしていきなりチームを救うと、準々決勝の強豪ベルギー戦(3-1)ではゴール前で華麗なクライフターンでDF3人を翻弄するスーパーゴールを決め、ウェールズをベスト4に導いた。

 移籍金ゼロで獲得できる無印のストライカーには、昨季のプレミアリーグ王者レスター・シティなどの複数クラブが獲得を狙っているとレポートされていたが、新天地はアジアとなるかもしれない。

 “爆買い”が続く中国クラブでは、北京国安、江蘇蘇寧が年俸約500万ポンド(約6億9000万円)の待遇を用意しているという。またかつてシャルケで活躍し、日本代表DF内田篤人とのホットラインを築いていたペルー代表FWジェフェルソン・ファルファンが所属するUAEのアル・ジャジーラ・クラブも、獲得に積極的なようだ。

本人はプレミアリーグ参戦を熱望

 カヌと同じくEUROで活躍したイタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレは、サッカー界で世界6番目となる年俸1600万ユーロ(約18億4000万円)で中国の山東魯能への移籍を発表したばかり。カヌ本人はプレミアリーグでのプレーを熱望し、現在は昇格組のハル・シティ移籍が有力視されているが、多くのスターがチャイナマネーに吸い寄せられるようにしてアジア上陸を果たしている。

 27歳と選手としてピークに差し掛かるストライカーは、どのクラブを新天地として選択するのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/13(水) 11:45

Football ZONE web