ここから本文です

朝心地よく目覚められる「マイベスト就寝時刻」を調べよう

ライフハッカー[日本版] 7/13(水) 23:10配信

十分な睡眠は健康に重要なもの。長年、8時間睡眠が基本とされてきましたが、必要な睡眠時間はヒトによって異なります。では、いつ就寝し、どれくらい眠るのが自分にとってベストなのでしょう?

 

『Good Night: The Sleep Doctor's 4-Week Program to Better Sleep and Better Health』の著者でもあるMichael Breus博士は、ブログメディア「Insomnia Blog」で、最適な就寝時間を見つける方法を紹介しています。

平均的な睡眠は、1サイクル90分で5サイクル。まずは、必要な睡眠時間を7時間半と仮定します。起床時刻から7時間半前を就寝時刻に設定しましょう。たとえば、朝6時半に起床するなら、午後11時が就寝時刻となります。この就寝時刻で睡眠をとりはじめて3日後に予定起床時刻の10分前に自然と目覚めることができたら、それがベストな就寝時刻です。

一方起きれなかった場合は、就寝時刻を、3日ごとに15分づつ前倒ししていきます。予定起床時刻の10分前に自然と起きれるようになったら、その就寝時刻がベストというわけです。

シンプルな「実験」で、自分の睡眠リズムを知ることができます。ぜひ一度やってみてくださいね。


Your Bedtime Making You Fat? | The Insomnia Blog

Melanie Pinola(原文/訳:松岡由希子)

最終更新:7/13(水) 23:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

ライフハッカー[日本版]の前後の記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。