ここから本文です

プレミアリーグに再び。復活を期す元バルサ守護神「大きな挑戦だ」

フットボールチャンネル 7/13(水) 7:50配信

 プレミアリーグのミドルスブラへの入団が決定したGKビクトール・バルデスは新たな挑戦に燃えている。11日、スペイン紙『アス』が報じている。

【写真】UEFA、EURO2016のベストイレブン発表! 優勝チームから計4名選出

 昨季終盤は、ベルギーのスタンダール・リエージュでプレーしていたバルデスは「非常にいい状態だ。一歩一歩、日々前進している」と語る。そして「私にとってプレミアリーグは大いなる挑戦なのだ。これがミドルスブラと契約した一番の理由だ」と2008/09シーズン以来のプレミアリーグを果たしたチームへの入団理由を語る。

 そして、「もう一つの理由はアイトール・カランカ監督の存在だ」とレアル・マドリーなどで活躍した同じスペイン出身の監督の名を挙げた。

 「このチームの第一印象は素晴らしい人々によるグループだということだった。監督や選手にスペイン語を話す人が多いのも物事をスムーズにしてくれた」と語る34歳の守護神は、「開幕戦のストーク戦でプレーしたい」とプレーに飢えていることを打ち明ける。

 2014年の夏にバルセロナを退団して以降、ケガなども重なり、マンチェスター・ユナイテッドで不遇の時期を過ごしたバルデス。バルセロナで数々の栄光を手にしてきた守護神の存在は昇格組のチームにとって大きな戦力となりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/13(水) 7:50

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。