ここから本文です

リバプール監督が“不発の悪童”の放出を断言 「バロテッリを保有して幸せになれるクラブがある」

Football ZONE web 7/13(水) 14:51配信

クロップ監督が本人に伝える 「ここでポジションを争う状況にはない」

 リバプールのユルゲン・クロップ監督が、一昨季はプレミアリーグで、昨季は期限付き先のACミランでそれぞれリーグ戦1ゴールと不発に終わった元イタリア代表FWの“悪童”マリオ・バロテッリに、見切りをつけたことを明らかにしている。英紙「テレグラフ」が報じている。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 クロップ監督は25歳で5番手のストライカーは、オプションにないことを語った。

「私は彼にすでに告げたんだ。彼のキャリアは、ここで1つか2つのイスを争うために4人や5人の選手と戦う段階ではないということをね。彼が、怪我をする前の状態に戻ろうとしているのは知っている。才能が世界トップクラスなのは間違いない。しかし、彼が何人とも争うべき状況でないのは明らかだから、解決策が必要だ。新たにマリオ・バロテッリを保有して幸せになれるクラブがある。そのことを、私は明確にプレイヤーに話したんだ」

 ドイツの名将は、バロテッリが放出対象であることを明言した。クロップ監督はイタリアからバロテッリがリバプールに戻った時に「問題はない」と主張していたが、それは短期的な措置だったようだ。そして「彼がフィット感を取り戻すために努力をしたい」と話し、次の移籍先のクラブにスムーズに合流できるように計らうとも語っている。

クロトーネ会長は中国行きを暴露したが…

 昨夏はリバプールのプレーシーズンマッチとして行われたアジア遠征で、バロテッリはメンバー外となった。今夏はインターナショナル・チャンピオンズカップに参加するためにアメリカ遠征を行うが、昨季と同様にヨーロッパに残って移籍先を探すことになるのかもしれない。

 先日、イタリアでセリエA昇格を果たし、バロテッリ獲得を望んだものの破談に終わったクロトーネのラフェエル・ヴレンナ会長が「恐らくだが、彼は中国にプレーしに行くことになる」と、バロテッリの移籍先を暴露してしまっていたが、まずそれを一つ裏づけるように、クロップ監督からの放出宣言がされた。沈黙の悪童は来季、どこに新天地を求めることになるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/13(水) 14:51

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。