ここから本文です

ドイツ指揮官、2018年W杯まで続投決定。EURO2016ではチームをベスト4に導く

フットボールチャンネル 7/13(水) 8:20配信

 ドイツサッカー連盟(DFB)が12日、ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーブ監督が2018年W杯まで続投することを発表した。

 レーブ監督は2006年にドイツの指揮官を務めていたユルゲン・クリンスマン監督の右腕としてドイツW杯を経験。同監督が退任後にチームの指揮官に就任し、EURO2008では準優勝に導いている。2010年W杯では準決勝まで進んだがスペイン代表に敗れ、その後行われた3位決定戦でウルグアイ代表を下していた。

 2014年W杯ではチームの強化に成功し、決勝戦でアルゼンチンを倒して優勝を飾っている。そして今回行われたEURO2016ではベスト4進出を果たしていた。

フットボールチャンネル

最終更新:7/13(水) 8:20

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ