ここから本文です

中国クラブも注目。EUROで知名度アップのウェールズ代表FWにオファー

フットボールチャンネル 7/13(水) 8:30配信

 イングランド2部のレディングを退団後にフリーとなっているウェールズ代表FWハル・ロブソン=カヌに対して、中国スーパーリーグのクラブがオファーを提示したようだ。12日に英紙『デイリー・ミラー』が報じている。

 同紙によると、北京国安と江蘇蘇寧がカヌに関心を示しており、どちらか一方のクラブは週給10万ポンド(約1390万円)のオファーを提示したとのこと。また、UAE1部のアル・ジャジーラ・クラブ、ワトフォードやスウォンジー・シティなどのプレミアリーグのクラブも興味を持っているようだ。

 カヌは昨季公式戦35試合に出場し5得点7アシストを記録。ただ、今年6月で契約満了となり退団していた。そして、ウェールズ代表として挑んだEURO2016ではチームの準決勝進出に貢献している。選手本人はプレミアリーグ移籍を望んでいるとされているが、中国クラブのオファーに誘惑される可能性はあるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:7/13(水) 9:10

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。