ここから本文です

豪州、代表不人気と国内リーグの”格差拡大”。問い直されるサラリーキャップの意義

フットボールチャンネル 7/13(水) 10:00配信

 オーストラリアサッカー界は抱えていた大きな問題をクリアした。開催地が未定であったW杯最終予選の日本戦のスタジアムがメルボルンに決定。その決定にはシドニーとメルボルンの政治的な綱引きが含まれていた。Aリーグでは新たなサラリーキャップ問題が浮上している。オーストラリアサッカー界はどこに向かうのか。(取材・文:植松久隆【ブリスベン】)

【写真】J1 1stステージベストイレブン。優勝の鹿島からは最多4人を選出!

メルボルン、開催地決定のための”政治的”なロビー活動

 ようやく10月11日に予定されているW杯アジア最終予選・日豪戦の豪州での開催地が決まった。6月29日、豪州サッカー連盟(FFA)は、メルボルンにあるドックランズ・スタジアム(ネーミングライツ使用時はエティハド・スタジアム)を開催場所として発表。豪州国内では、収容人数3番目のスタジアムで、最終予選の天王山にはふさわしい会場と言えるだろう。

 しかし、なぜ、ここまで会場選びが難航したのか。それは、何かにつけて対抗心を燃やすシドニーとメルボルンという豪州の2大都市の間で開催場所を巡っての綱引きがあったからだ。当初はシドニーが有力視されていた。元々、FFAはシドニーを州都とするニューサウスウェールズ州(NSW州)政府と長期間のパートナーシップ契約を結んでおり、昨年のアジアカップ決勝、W杯3次予選の最大の注目カードだったヨルダン戦、親善試合のギリシャ戦などを相次いでシドニーで開催してきた。

 さらには、過去の日豪戦の開催実績を見たとき、前々回(09年)メルボルン、前回(12年)ブリスベンと、シドニーは日豪戦という“ドル箱”を逃し続けてきた経緯もある。そんな状況もあって、「今回は順当にシドニー」と予想されたのは自然な成り行きだった。

 ところが、そこに猛然と割り込んできたのが、ビクトリア州(VIC州)政府だった。豪州の“スポーツの首都”として自他ともに認めるメルボルンを州都とするVIC州は、メルボルン開催の実現をあらゆるルートから働きかけた。そのロビーイングが実り、結果的にFFAを翻意させることに成功したのだ。

 そして、FFAがメルボルンでの会場に選んだのは、09年の日豪戦が行われた10万人収容を誇るメルボルン・クリケット・グラウンド(MCG)ではなく、多目的スタジアムのドックランズ・スタジアム。同スタジアムの最大収容数は公式には56,347人で、前回のMCGでの開催時には74,000人を集めた人気カードだけに、収容人員の少ないドックランズ・スタジアムでの開催を疑問視する声も上がった。

 しかし、これは違う。今のサッカルーズの注目度、動員力であれば、MCGの収容力を持て余すことは明白。先月7日、サッカルーズはギリシャとの親善試合をドッグランズ・スタジアムで行った。その試合は女子代表マチルダスの壮行試合ニュージーランド戦とのダブル・ヘッダーだったにも関わらず、観客数は33,622人と6割少々の入りに留まった。

1/4ページ

最終更新:7/13(水) 10:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。