ここから本文です

レスター監督が岡崎ら優勝メンバーと新戦力の融合にご満悦 「素晴らしいグループ」

Football ZONE web 7/13(水) 20:35配信

現時点で主力流出ゼロのなかで、2季目のラニエリ体制が始動

 プレミア王者のレスター・シティは、クラウディオ・ラニエリ監督率いる2年目のシーズンに向けて始動している。エースのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディをはじめ主力の大量流出の危機に直面しながらも、ここまで主な退団選手はゼロ。指揮官はクラブレコードで獲得したナイジェリア代表FWアーメド・ムサらが加わって厚みを増したチームを「素晴らしいグループ」と絶賛している。英地元紙「レスター・マーキュリー」が報じた。

【写真記事】英メディア選定「FKキッカー世界トップ5」 中村俊輔もランクイン

 レスターは現在、オーストリアでプレシーズンキャンプを行っている。今オフはエースのヴァーディが一時アーセナル移籍間近となったが、最終的には契約延長を選択して残留が確定。アルジェリア代表MFリヤド・マフレズやフランス代表MFエンゴロ・カンテなどの中心メンバーにはビッグクラブから触手が伸びるが、現時点では日本代表FW岡崎慎司ら昨季の優勝メンバーが全てチームに残っている。

 CSKAモスクワからクラブ歴代最高額となる1600万ポンド(約22億円)で獲得した俊足FWムサや、クロード・マケレレ二世との呼び声高いフランス人MFナンパリス・メンディ、2014年ブラジル・ワールカップ優勝メンバーのドイツ代表GKロン=ロベルト・ツィーラーなど実力者も加わって選手層は厚くなった。ラニエリ監督も手応え十分といった様子だ

「(昨年に)私が見ていた彼らのトレーニングの様子はファンタスティックだった。今年も昨季と同じようにリスタートだ。まずはレスターで、そして今はオーストリアに来ている。昨季と同じレベル、集中力を持てている。私は満足しているよ。新しい選手と一緒に、全ての選手が残ってくれることを願う。最後まで戦い抜ける素晴らしいグループだと思っている」

開幕前に強豪との対戦が目白押し

 今夏は欧州の強豪クラブが集まるプレシーズントーナメント、インターナショナルチャンピオンズカップに参戦。レスターはセルティック、パリ・サンジェルマン、バルセロナといった各国王者と激突するほか、開幕直前にはプレミアリーグとFAカップのタイトルホルダーが激突する、恒例の「コミュニティー・シールド」でマンチェスター・ユナイテッドと対戦する。

 ラニエリ監督はモナコ時代にもキャンプ地として訪れていたオーストリアで新シーズンに向けた準備を行っている。強豪との試合を前に、まずはフィジカルコンディションを整えることが重要だと主張した。

「一日に2度のトレーニングをするのがとても大切なんだ。今はフィットネスを気にかけている。戦術はもちろん重要だが、スタミナをつけることも同じくらい重要なんだ。戦術面は予定されている、いくつかのプレシーズンマッチで改善できる」

 勝負の2年目に向け、ラニエリ監督の視界は良好といった様子だ。UEFAチャンピオンズリーグ初参戦も控える過酷なシーズンだが、レスターは今季も驚きを提供してくれるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/13(水) 20:35

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。