ここから本文です

ドルトムント、約34億円でドイツ代表MFを獲得へ。正式発表は時間の問題か

フットボールチャンネル 7/13(水) 10:30配信

 日本代表MF香川真司が所属するボルシア・ドルトムントは、ヴォルフスブルクのドイツ代表MFアンドレ・シュールレを獲得するようだ。12日付のドイツ紙『ビルト』が報じている。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 ドルトムントは、今季これまでチームを支えて来た多くの主力選手を放出してきた。その上さらに主力放出の噂もされ、まさに“草刈り場”と揶揄されているほどである。しかし同クラブは、先日マンチェスター・ユナイテッドへ移籍したMFヘンリク・ムヒタリアンの代役を見つけたようだ。その選手がシュールレのようである。

 ドルトムントは、シュールレを獲得するためにヴォルフスブルクと約20日間交渉を行っていたようだ。そして最近になって同選手が移籍を受け入れたことで、取引が成立したようである。

 移籍金は未だに明らかにはされていないようだが、約3000万ユーロ(約34億円)の取引になるとみられているようだ。後は正式発表を待つだけとなっているようで、来週中にも発表されることになるようである。

 25歳のシュールレは、ドルトムントを率いるトーマス・トゥヘル監督がマインツ時代にデビューさせた選手だ。同選手は、昨年の2月にチェルシーから約1年半ぶりにブンデスリーガへ復帰し、完全移籍したヴォルフスブルクで昨季は41試合に出場して12得点を決めている。

 これまで多くの主力を失って来たドルトムント。FWマルコ・ロイスも怪我で失っている中、シュールレの移籍は悲しい思いをして来たサポーターにとって吉報となりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/13(水) 11:13

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。