ここから本文です

メッシ応援キャンペーンに非難集中。税務署とスポーツ省も不快感を表明

フットボールチャンネル 7/13(水) 10:40配信

 バルセロナのリオネル・メッシ応援キャンペーンがスペイン国内に混乱をもたらしている。12日、スペインラジオ局『カデナ・セール』が報じた。

 先日、脱税容疑にて禁固21ヶ月の有罪判決が下ったメッシだが、クラブはSNS上でメッシサポートキャンペーンを開始。クラブが望んでいた影響とは全く異なり、非難が集中している状況だ。

 同キャンペーンへの不快感は税務署にも届いたようで、税務署の労働組合は会長であるカルロス・クルサード氏は「バルセロナが今回行っているような脱税を行なった一人の選手に対するキャンペーンは、我々国民に税務責任の改善を促すことにはならない」と痛烈に批判した。

 スペインスポーツ省のミゲル・カルデナル氏も「メッシのキャンペーンは間違っている」と断罪しており、さらにSNS上ではバルセロナファンでも反メッシサポートのハッシュタグでキャンペーンを批判する動きもでている。

 実刑判決が下ったメッシだが執行猶予がつくのではないかと予想されている。スペインを揺るがす一大事件へと発展してしまった今回の騒動の結末はいかなるのものになるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:7/13(水) 10:40

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。