ここから本文です

やや違和感? ジダンに憧れたユーベ新司令塔、レアル時代の象徴“5番”を選択

フットボールチャンネル 7/13(水) 10:50配信

 ユベントスに加入したMFミラレム・ピャニッチは自身のアイドルと同じ道を目指すようだ。12日付けスペイン紙『マルカ』が報じた。

 ピャニッチローマから移籍金3200万ユーロ(約37億円)で5年契約でユベントスへ移籍した。新天地では背番号『5』を選択している。

 同選手は5番を選択した理由として「昨季は15をつけていたけどここではすでに埋まっており、背番号5のユニフォームを着るよ。(レアルマドリーのジネディーヌ・)ジダン(監督)がつけていた番号だ」と説明。「この背番号を身につけることができて嬉しいよ。なぜなら彼は自分のアイドルだからね」と語った。

 ちなみにジダン氏はユベントス時代は背番号5番はつけていない。ユベントス時代は21番をつけており、同氏が5番をつけたのはレアル・マドリー時代のみとなっている。ユベントスファンにとってはやや違和感のある回答だが、現在ユベントスの21番は新たなエースFWパウロ・ディバラが背負っているため仕方ない決断だったのかもしれない。

 ピャニッチはユベントスでリーダーとなったジダン監督のように、ピッチで圧倒的な存在感を示すことができるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:7/13(水) 11:51

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革