ここから本文です

新生マンU「24人枠」を巡る非情なサバイバル 英紙が予想する戦力外候補とは?

Football ZONE web 7/13(水) 23:35配信

少数精鋭を好むモウリーニョ監督

 今季からマンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、トップチーム24人という少数精鋭で新シーズンに臨むことになるようだ。構想から漏れた選手に関しては移籍、またはU-21チームでプレーするかの決断を迫られることになるという。英紙「デイリー・メール」が報じた。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 昨季、ルイス・ファン・ハール前監督の下でU-21チーム行きを命じられた末、最終的にチームから追放されて“氷漬け”となった元スペイン代表GKビクトール・バルデス(現ボーンマス)の二の舞いになる選手が現れる可能性が浮上している。

 モウリーニョ監督は、以前からトップチームを必要最低限の戦力だけで構成することを好む監督として知られている。レポートによると、モウ・ユナイテッドで用意された椅子は「24」。そこから外れた選手は、完全移籍、期限付き移籍を問わずクラブを離れるか、U-21チームでのプレーのどちらかを選択しなければならないという、非情な現実が突きつけられている。

 負傷者続出のアクシデントがあったとはいえ、昨季ファン・ハール前体制では1年間で33選手が起用された。若手選手を積極的に登用するなど、選手を目まぐるしく入れ替えた前任者とは打って変わり、“スペシャル・ワン”によるチームは非常に限られた戦力で戦うことを目指しているようだ。

マタ、フェライニらが予想メンバーに入らず

 記事では指揮官が獲得を熱望しているというポール・ポグバの名前も含めて、モウリーニョ監督が選ぶ24選手が以下のように予想されている。

GK
ダビド・デ・ヘア
セルヒオ・ロメロ
サム・ジョンストン
DF
フィル・ジョーンズ
アントニオ・バレンシア
マッテオ・ダルミアン
ルーク・ショー
クリス・スモーリング
ティモシー・フォス=メンサー
キャメロン・ボーンウィック=ジャクソン
エリック・バイリー
MF
ヘンリク・ムヒタリアン
ポール・ポグバ(現ユベントス)
アンデル・エレーラ
メンフィス・デパイ
マイケル・キャリック
モルガン・シュナイデルラン
アシュリー・ヤング
ジェシー・リンガード
アンドレアス・ペレイラ
FW
ズラタン・イブラヒモビッチ
ウェイン・ルーニー
マーカス・ラッシュフォード
アンソニー・マルシアル

 この予想メンバーには、スペイン代表MFフアン・マタ、ベルギー代表MFマルアン・フェライニ、オランダ代表DFダレイ・ブリント、アルゼンチン代表DFマルコス・ロホといった選手は名を連ねなかった。始動の時点ですでにトップチームから外れているDFギジェルモ・バレラやDFタイラー・ブラケットらと同様に放出、またはU-21チーム行きの有力候補となっているようだ。

 いずれもビッグクラブが欲しがるほどの実力者とはいえ、移籍先が決まらなければ昨季のバルデス同様にチームで居場所を失う可能性がある。

1/2ページ

最終更新:7/13(水) 23:35

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。