ここから本文です

ぼくのりりっくのぼうよみ、本人監督の「Newspeak」MV公開 ミニライブ&握手会開催も決定

リアルサウンド 7/13(水) 18:00配信

 ぼくのりりっくのぼうよみが、7月20日にリリースする1st EP『ディストピア』より、リード曲「Newspeak」のMVを公開した。

 本日公開となった同MVは、前作『hollow world』のMV3部作や、BUMP OF CHICKEN、ゲスの極み乙女。なども手がける東市篤憲による全面サポートのもと、ぼくのりりっくのぼうよみが監督を担当した。同楽曲は、ジョージ・オーウェルの小説『1984年』に登場する架空の言語“ニュースピーク”をタイトルに引用しており、“哲学的ゾンビ”を問題提起する内容となっている。MVでは、“ぼくりり監督”のアイデアや楽曲イメージをもとに、東市氏の手によって楽曲のリリックの世界を表現している。

 また、同作のリリースを記念して、8月4日、5日の2日間、東京・大阪のタワーレコード3店舗にて、ミニライブ&握手会を行なうことも発表した。イベントへの参加は、CD予約者優先となる。詳細はオフィシャルHPをチェックしよう。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/13(水) 18:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。