ここから本文です

サコ、2度目の災難。アキレス腱負傷で数週間の離脱か。リーグ開幕戦欠場が濃厚に

フットボールチャンネル 7/13(水) 12:01配信

 リバプールに所属するフランス代表DFママドゥ・サコが、アキレス腱を痛めたことによりプレミアリーグ開幕戦を欠場する見通しとなったようだ。13日に英紙『デイリー・スター』が報じている。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 同紙によると、サコはアキレス腱を負傷しており、医療スタッフから3、4週間は休むように通達されたとのこと。手術を必要とするほどではないが、トレーニングには参加できないようだ。そのため、プレミアリーグ開幕戦の欠場が濃厚となっている。

 サコはドーピング問題がきっかけで30日間の出場停止処分となりEURO2016に参加することができなかった。結果的に、陽性反応を示した成分は禁止リストに入っていなかったため、欧州サッカー連盟(UEFA)がこれ以上の処分を行わないことを発表している。ようやく試合に復帰できるはずだったが、戦列復帰は当分先になってしまった。

フットボールチャンネル

最終更新:7/13(水) 12:02

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)