ここから本文です

『ファインディング・ドリー』音楽予告映像公開 八代亜紀による日本版エンドソングを使用

リアルサウンド 7/13(水) 18:48配信

 7月16日に公開されるディズニー/ピクサー最新作『ファインディング・ドリー』より、八代亜紀による日本版エンドソング「アンフォゲッタブル」が使用された音楽予告映像が公開された。

 本作は、『ファインディング・ニモ』の続編で、前作から1年後の世界を舞台にしたファンタジー。忘れんぼうのドリーが、ただひとつ忘れられなかった家族の思い出を求めて、人間の世界を冒険する模様を描く。

 このたび公開されたのは、八代が唄う日本版エンドソング「アンフォゲッタブル」に日本語字幕が付いた音楽予告映像。ドリーたちが仲間とともに人間の世界を冒険する姿や、赤ちゃん時代のドリー“ベビー・ドリー”が「私を忘れないで」と言うシーンなどが収められている。「忘れないわ 愛しいあなた。忘れられないの どこにいても」という歌詞は、忘れんぼうのドリーが唯一忘れなかった“家族に対する想い”を表している。なお、字幕版ではシーアのエンドソングが、日本語吹替版ではシーアと八代の2つのバージョンの「アンフォゲッタブル」が収録されている。

 八代は「ドリーは忘れんぼうだけど、心の中のどこかに忘れられない思い出がずっと残っている。そういう心境は誰にでもありますよね。とても切なくてノスタルジックな気持ちになります」とコメント。メガホンを取ったアンドリュー・スタントン監督は「ドリーは人生のほとんどを海の中をさまよって生きてきたけど、何でもすぐに忘れてしまうため、海の中で出会った者たちのことを思い出すことはできない。でも、“感情の記憶”は残っていて、大切な人との別れの記憶は覚えているんだ」と語っている。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/13(水) 18:48

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。