ここから本文です

バルサ移籍の新星DF、アイドルは宿敵の選手!? 兄が明かす

フットボールチャンネル 7/13(水) 14:30配信

 バルセロナ移籍が決定しているフランス代表DFサミュエル・ウンティティのアイドルは、なんとレアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスだという。スペインラジオ地方局『ラディオ・バルセロナ』が報じた。

 今週中にもバルセロナ入りし、正式に加入が発表される予定となっているウンティティだが、兄であり代理人も務めるヤニック・ウンティティ氏が、「ジェラール・ピケ、チアゴ・シルバ、それにS・ラモスがお気に入りだね」と、弟がアイドルとする選手のひとりが宿敵マドリーの主将であることを明かした。

 また、ウンティティ本人はバルセロナへ溶け込む準備をしているようで、ヤニック氏は「彼は(バルセロナ強化部責任者)ロベルト・フェルナンデスからクラブ、そしてカタルーニャ州の哲学を説明されてカタルーニャ語を学習している。周りにカタルーニャ語を習得することに集中していると話しているよ。そしてバルサの歌もね」と語った。

 オリンピック・リヨンの下部組織出身のウンティティは、自国開催となったEUROの大会期間中にフランス代表デビュー。左利きのセンターバックで、左サイドバックもこなすことができる。

 フランスでは将来を嘱望される若手選手のひとりであり、多くのビッグクラブが関心を示す中でバルセロナが争奪戦を制していた。

フットボールチャンネル

最終更新:7/13(水) 14:44

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。