ここから本文です

C大阪、新外国人にマケドニア代表FWを獲得か。合意間近と現地メディア報じる

フットボールチャンネル 7/13(水) 18:56配信

 J2のセレッソ大阪は、新たな外国人選手を獲得することになるかもしれない。ベルギーメディア『Voetbal Nieuws』が報じている。

 名前が挙がっているのは、ジュピラーリーグ(ベルギー1部)のKSCロケレンに所属するマケドニア代表FWベサルト・アブドゥライミだ。

 25歳のアブドゥライミは、昨季はカザフスタンのアスタナに期限付き移籍しており、この夏に再びロケレンに復帰。しかし、クラブは再び他クラブへレンタル移籍させるだという。同メディアは、合意が近づいているとも伝えている。

 アブドゥライミはユース年代ではクロアチア代表に選出されていたが、2014年にマケドニア代表としてA代表デビュー。ここまで12キャップを記録している。センターフォワードと左右のウイングをこなす右利きのアタッカーのようだ。

 C大阪はFWブルーノ・メネゲウが中国の長春亜泰に移籍したことで、攻撃陣の穴がひとつ空いていた。

フットボールチャンネル

最終更新:7/13(水) 19:58

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。