ここから本文です

「世界で最も稼ぐカップル」、前回トップの破局で1位に変動

Forbes JAPAN 7/13(水) 9:00配信

ビヨンセは相変わらず、「クイーンB」という最高のニックネームにふさわしい暮らしぶりを維持している。夫のジェイ・Zと共に、今年の「最も稼いだカップル」のトップに躍り出た。昨年6月から今年6月までの一年間の夫妻の収入は、1億750万ドル(約111億円)に上っている。



ビヨンセの収入は「最も稼ぐセレブ」ランキングの34位となる5,400万ドル(約55億7,680万円)。ジェイ・Zはそれをわずかに下回る5,350万ドルで、36位だった。

二人の収入に大きく寄与したのは、全米・全英で1位を獲得したビヨンセの通算6作目のアルバム「レモネード」。ジェイ・Zが開始した音楽ストリーミングサービス「タイダル(Tidal)」で、独占配信する形で発表した。タイダルはジェイ・Zのほか、ビヨンセや今回のランキングに名前が挙がったその他のセレブたち複数が、共同オーナーとなっている。

ビヨンセの収入の方が多くなったのは、この一年間に行った公演の回数が夫を大幅に上回ったため。ジェイ・Zはこの一年、ツアーを行っておらず、アルバムもリリースしていない。一方で、その他さまざまなプロジェクトを手掛けている。

ジェイ・Zはシャンパン「アルマンドブリニャック」やコニャック「デュセ」、自ら率いるロック・ネイション(Roc Nation)のビジネスで多額の利益を得ている。ロック・ネイションは単なるレコードレーベルにとどまらず、アーティストのマネジメントやスポーツ選手のエージェント部門も擁しており、全米プロバスケットボール(NBA)のケビン・デュラント(オクラホマシティ・サンダー)、メジャーリーグ(MLB)のロビンソン・カノ(ニューヨーク・ヤンキース)などと契約している。

もう一組の有力カップル

今回のリストに名前が挙がったもう一組のセレブカップルは、ブラジル人モデルのジゼル・ブンチェンと米ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)、ニューイングランド・ペイトリオッツのトム・ブレイディの夫妻。

ブレイディは試合に空気圧が低いボールが使用された「デフレートゲート(deflategate)」問題への関与が取り沙汰されたが、これに関連して収入が低くなくなるということはなかったようだ。2015年はNFL選手としての副収入も多かったほか、今年3月には2,800万ドルでチームとの契約を延長。年収4,400万ドルで、54位に入った。

1/2ページ

最終更新:7/13(水) 9:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。