ここから本文です

【藤田俊哉の目】W杯出場の名手も率先して市井の人々とプレー!? オランダのサッカー文化を実感した1日

SOCCER DIGEST Web 7/13(水) 16:30配信

草サッカーで使用する天然芝3面のピッチが無料。

 オランダ2部リーグ・VVVフェンロのコーチとしてヨーロッパでの指導者人生をスタートさせている元日本代表MFの藤田俊哉さん。現地で日々感じたことを、月1回のペースでお届けします。今回は、元オランダ代表で現在VVVフェンロのスカウトを担当しているスタン・フォルクス氏との交流を通して、日本では考えられないようなオランダサッカーの「懐の深さ」を紹介します。
 
――◆――◆――
 
 オランダに渡って2年半が過ぎた。毎回、シーズンオフにはいろんな経験を味わえているが、今回のオフもオランダならではのちょっとした楽しい出来事があった。
 
 5月13日にプレーオフ敗退とともに、チームもオフへ突入。そのちょうど1週間後、ある人物から一本の電話をもらった。
「トシヤ、元気かい? 明後日、僕の地元のクラブで大会があるんだ。時間があったら一緒にサッカーでもしないか?」
 
 スタン・フォルクスからだった。現在、VVVフェンロのダイレクターという立場で、スタッフとして一緒に働いている彼から、草サッカーのお誘いだった。フェンロ市内の地元クラブのグラウンドにいろんな人たちが集まるという。せっかく声をかけてもらえたし、個人的にも久しぶりにゲーム形式でボールを蹴りたかったから、当日現地で再会することを約束して、電話を切った。
 
 2日後、約束していたクラブハウスへ。スタン・ファルクスと合流し、その日の流れを聞いてみる。草サッカー大会は、8チームのリーグ戦で優勝を争い、1試合あたり15分×1本でローテーションしていく。「7試合もするなんて聞いていない!」と思ったけれど、スタンをはじめとしたオランダ人のフレンドリーさと、グラウンドの素晴らしさに、ただただ笑顔がこぼれてしまった。
 
 チームメイトもいい人ばかりだし、綺麗に刈られている天然芝を3面すべて無料で使わせてもらえるなんて、日本では考えられない。ユニホーム、パンツ、ソックスすべて貸してもらって、いざ試合へ!
 
 結果は……。僕がプレーしたチームは1勝6敗。チームに貢献できたとは言えなかったけれど、鮮やかな天然芝のグラウンドで3時間もサッカーを満喫できて、本当に楽しい時間を過ごした。
 

【EURO2016】スタジアム美女総集編!

1/2ページ

最終更新:7/13(水) 16:30

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。