ここから本文です

【J1採点&寸評】鹿島 3-0 名古屋|ゴールには直接絡めなかった柴崎だが、出色のゲームメイクでチームを完勝に導く

SOCCER DIGEST Web 7/13(水) 23:30配信

鹿島――スタメンの中盤4人は全員がハイパフォーマンスを披露。

[J1第2ステージ3節]鹿島 3-0 名古屋/7月13日/カシマ
 
【チーム採点・寸評】
鹿島 7
小笠原、遠藤を控えに回すなど、通常のレギュラー組から大きくメンバーを入れ替えるも、チーム力は落ちず、攻守両面で名古屋を圧倒して3-0の勝利。相手のミスに助けられた部分もあったが、第2ステージ初の完封で連勝を達成した。
 
【鹿島|採点・寸評】
GK
21 曽ケ端準 6
危ない場面を招く中途半端なクリアは反省材料。ただ、40分の至近距離からのヘッドには驚異的な反応でファインセーブ。パンチングの成功率も高かった。
 
DF
24 伊東幸敏 6.5
タイミングの良い攻め上がりから質の高いクロスを供給。主に攻撃面では状況を良く見て効果的に振る舞い、右サイドの仕掛けをスムーズにした。
 
17 ブエノ 6
地上戦でもエアバトルでもアグレッシブにプレー。シモビッチとの迫力あるマッチアップでは引けを取らず、無失点に貢献した。
 
3 昌子 源 6
的確なポジショニングでピンチを未然に防ぐ。ブエノがシモビッチに抜かれそうになった時の52分のカバーリングは見事だった。
 
16 山本脩斗 6.5
永木のクロスに逆サイドで合わせてチーム2点目をゲット。開始直後は古林の対応にやや手を焼いた印象だったが、すぐに持ち直してその後は侵入をストップ。
 
MAN OF THE MATCH
MF
10 柴崎 岳 6.5
無駄のないプレーで効率性の良いゲームメイク。正確なパスでチームメイトを前向きにし、攻撃を加速。62分には土居の横パスを思い切り叩き、楢崎を慌てさせる強烈なミドルを放つ。身体を張った守備も精力的にこなした。
 
6 永木亮太 6.5
素早く攻守を切り替え、球際で激しさを発揮し、中盤の守備を引き締める。狙いを定めたスライディングタックルでことごとくボールを奪った。
 
34 鈴木優磨 6.5
右SBの伊東と息の合った連係でサイドを攻略。39分のビッグチャンスは枠を捉え切れなかったが、終了間際にはCKの流れから右足を思い切り振り抜き、ネットを揺さぶった。
 
13 中村充孝 6.5(90分OUT)
土居のパスに反応し、迫りくるDFをかわして先制ゴールを叩き込む。周囲を活かす献身性と、相手の逆を取ろうとする意外性が光った。

1/3ページ

最終更新:7/15(金) 13:18

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。