ここから本文です

【J1採点&寸評】川崎×新潟|劇的弾の小林が最高点「7」。大島、車屋は次点「6.5」

SOCCER DIGEST Web 7/13(水) 23:08配信

スーパーミドルを叩き込んだ大島、果敢に仕掛けた車屋の働きを評価。

 
【チーム採点・寸評】
川崎 6.5
相手に二度リードを許した試合運びや押し込みながらも苦戦した展開は反省材料。ただ最終的に逆転した地力は称賛に値するもので、「等々力劇場、ここにあり!」を印象付ける一戦だった。
 
新潟 5.5
二度のリードを活かせず、終盤は及び腰となっていた感も。攻撃に力を割けない時間が長く続き、結果的に川崎の術中にハマった。試合展開や攻撃の組み立てに課題を残した。
 

【川崎 3-2新潟PHOTO】小林の劇的ゴールで川崎が勝利!

 
【川崎|採点・寸評】
GK
1 チョン・ソンリョン 5.5
野津田のシュートは絶妙なカーブがかかっており、防ぐのは難しかった。2失点目はL・シルバのシュートに反応するも、わずかな隙間を抜かれて失点。
 
DF
18 エウシーニョ 5.5(79分OUT)
裏のスペースを老獪に狙う山崎の動きに翻弄される場面もあったが、最後の局面では身体を張って自由を与えず。攻撃ではサイドを崩し切れなかった。
 
4 井川祐輔 5.5
後半早々、頭上すれすれにパスを通されてピンチになりかけたが、エウシーニョのカバーリングに救われた。パスミスでボールを奪われるなどやや安定感を欠いた。
 
5 谷口彰悟 6
後方から長短のパスを蹴り分けて冷静にビルドアップ。序盤のピンチでは、身体を張って相手の突破を阻止するなど守備でも貢献した。
 
20 車屋紳太郎 6.5
序盤から積極的に高い位置を取り、サイドの攻防で主導権を握る。後半に入っても衰えない仕掛ける意識と運動量は驚嘆すべきもので、その姿勢が逆転弾を呼び込んだ。
 
MF
10 大島僚太 6.5
目の前で野津田に強烈な一撃を決められ、お返しとばかりにワールドクラスとミドルを叩き込む。後半には橋本との連係でサイドを崩し、オウンゴールも誘発した。
 
21 エドゥアルド・ネット 6
無難にボールを捌くも、変化にやや乏しい感も。後半は機を見た上がりでミドルを放ち、終盤には思い切り良く上がり、混戦のなかで触る“ラッキーアシスト”で貢献した。
 
 

1/3ページ

最終更新:7/14(木) 18:49

SOCCER DIGEST Web