ここから本文です

U-19日本代表GKにして青森山田の守護神・廣末陸が語る近未来。「プロ入り、総体、U-20W杯、東京五輪」への想い

SOCCER DIGEST Web 7/13(水) 18:56配信

課題は全部。フィジカルの強さを磨かないと今のルールに対応できない。

 17年連続20回目のインターハイ出場を決めた青森山田のゴールを守るのは、U-19日本代表GKの廣末陸だ。Jクラブも熱い視線を送る守護神は、この1年をさらなる飛躍へのシーズンにするべく厳しい自己評価でレベルアップを図っている。U-19世代屈指のGKに、現在と近未来の目標について聞いた。
 
――◆――◆――
 
――まず今、ご自身が感じる課題や手応えを教えて下さい。
 
 どれかひとつを上げるというのではなく、もう全部です。足りない部分が多すぎるので、全体的に底上げしないと、この先は生き残れないと思っています。
 
 ただ、今強く思っているのは、もっと状況判断をしっかりとやるということです。細かく言うと、キャッチをした時のカウンターのスイッチの質や、裏へのボールに対しての飛び出しの質を上げたい。どれも自分の得意とするプレーなので、それをもっと伸ばしていきたいです。あと、上半身の強化も意識的にやっています。
 
――上半身の強化を意識的にやっている理由は?
 
 僕は身長があまりないので(182センチ)、バネやフィジカル的な強さをもっと磨かないといけません。それにGKに対するチャージのルールが変わって、よりフィジカルコンタクトの強さも求められるようになりました。
 
 プレミアリーグの柏レイソルU-18戦では、ファンブルからゴールを決められたのですが、あの時僕は「ファウルだ」と思ったけど、ファウルではなかった。それをきっかけに、より空中戦でのフォームやフィジカルの安定感、バネ、すべてを意識するようになりました。海外の相手だとよりフィジカルが強いので、そこで絶対に負けないようにしたいと思います。
 
――確かに廣末選手は182センチと、GKとしては大きいほうではありません。その分、かなり細部のプレーにこだわって磨いて来たと思います。
 
 昔から大きい選手には負けたくないという想いが強いんです。自分が下手なプレーをすると、身長が高い方が良いという評価をされてしまう。僕の周りには昔から身長が高い選手が多いので、それを覆したい一心でやってきました。それだけではなく、プロになるために、やっぱり今の自分には足りないところばかりなので、それをしっかりと補いたいという想いでやっています。
 

【総体】地区予選代表校一覧

1/2ページ

最終更新:7/13(水) 18:56

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。