ここから本文です

【J1採点&寸評】柏×広島|壮絶な打ち合いはドロー決着。復帰後初ゴールのブラジル人アタッカーをMOMに

SOCCER DIGEST Web 7/13(水) 23:33配信

柏――J初ゴールの中山も、守備面で稚拙さを露呈した。

[J1第2ステージ3節]柏3-3広島/7月13日/柏
 
【チーム採点・寸評】
柏 6
序盤から主導権を握り幸先良く先制点を奪ったが、直後にピンチを迎えるなど集中力を欠き徐々に失速。後半はD・オリヴェイラのゴールで息を吹き返すと、リズムを掴んだ。先制点を挙げながら、勝ち切れなかったことは反省すべきだが、2点差を返したことは評価できる。

【PHOTO】浅野拓磨~アーセナル移籍までの軌跡~2007-2016



【柏|採点・寸評】
GK
23 中村航輔 5.5
相手のシュートに反応はしていたが、思わぬリフレクションから失点。この日はチームを救うセーブは終盤の1本のみだった。
 
DF
4 中谷進之介 5.5
P・ウタカに競り勝つシーンもあったものの、どちらかと言えば負けるシーンが目についた。中央に入ってきたボールへの対処で、時折見せる中途半端なクリアは課題だ。
 
21 湯澤聖人 5.5
18分に、身体を張ってカウンターを阻止したのは好印象。しかしそれ以外は清水のスピードに苦戦した。縦への突破を何度も許し、クロスを上げられていた。
 
22 輪湖直樹 6
マッチアップした柏の突破に苦しむ場面もあったが、クリスティアーノとのコンビで徐々に押し込んでいった。80分には強烈なシュートでスタジアムを沸かせた。
 
29 中山雄太 5.5
立ち上がりの5分に幸先良くCKをヘッドで叩き込み、J初ゴール。しかしその後P・ウタカの強さと浅野のスピードに後手を踏み、球際で競り負けていた。
 
MF
7 大谷秀和 5.5(79分OUT)
長引いていた左膝後外側支持機構損傷から復帰。中盤の底に位置取り、バランスを取った。読みの鋭さはさすがだが、ビルドアップではらしからぬミスも散見。コンディションは万全ではないようだ。
 
19 中川寛斗 5.5
中盤の低いところまで下りてきて、ビルドアップに積極的に絡んだ。前線からボールを追いかけ回し、守備でも貢献。ただシュートが少なく、脅威になりきれなかった点で評価を落とした。
 
28 栗澤僚一 6.5(82分OUT)
前半は躍動していた。輪湖とクリスティアーノを献身的にサポート。コンビネーションで左サイドの制圧に一役買った。守備でもいち早い反応でこぼれ球を処理していた。影の功労者だった。

1/3ページ

最終更新:7/14(木) 21:38

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。