ここから本文です

【J1採点&寸評】横浜×神戸|中村の働きで横浜が劇的な逆転勝利! MOMはマルティノスと悩むも…

SOCCER DIGEST Web 7/13(水) 23:43配信

横浜――前半と後半で役割を変えた齋藤は攻撃の軸としてチームを牽引。

[J1第2ステージ3節]横浜3-2神戸/7月13日/ニッパツ


 
【チーム採点・寸評】
横浜 6.5
前半は神戸に主導権を握られるも、後半頭の中村の登場で一気に畳みかけて逆転勝ち。課題は残るも、勢いに乗れる3連勝となった。
 
【横浜|採点・寸評】
GK
1 榎本哲也 5.5
フリーでヘッドを打たれた1失点目はやむなしか。2失点目は股を抜かれる悔しい形に。 

【横浜 3-2 神戸 PHOTO】終盤の同点・逆転弾で横浜が3連勝! マルティノスが殊勲の働き

DF
13 小林祐三 6
右サイドで、渡邉とジリジリするような攻防を演じる。後半はチームの重心が前にかかるなか頻繁に攻撃参加した。
 
22 中澤佑二 6
ファビオのカバーをしながら読みを利かせた守備で、レアンドロ、P・ジュニオールに対抗。チームは2失点したが、個人のパフォーマンスとしては悪くなかった。
 
5 ファビオ 5.5
1失点目の場面ではニウトンのマークを外し、2失点目ではP・ジュニオールに裏を取られた。空中戦の強さはあったが……。
 
24 金井貢史 6(77分OUT)
前半から神戸陣内に進攻し、チャンスを窺う。後半は齋藤らとより絡み、ゴールに迫った。
 
MF
28 喜田拓也 5.5
前半は縦パスを狙うも、ボールが足に付かないシーンもあり、不安定なパフォーマンスに。後半は落ち着きを取り戻し、ボール回しに参加した。
 
8 中町公祐 6
中盤でチームをコントロール。60分には鋭いシュートを放つなど、後半は相手ゴール前にも侵入した。
 
20 マルティノス 7 
周囲と噛み合わなかった前半の姿と、スピードに乗った突破を見せた後半の姿はまるで別人だった。85分にはクロスに反応しPKを奪取。終了間際には逆転ゴールをゲット。勝利の立役者となった。
 
11 齋藤 学 6.5
中村が不在だった前半は司令塔の役割もこなし、スルーパスを何度も送った。後半頭から中村が登場すると、ドリブラーとしての能力を発揮。神戸守備網を崩しにかかり、カイケ、マルティノスのゴールを演出した。

1/3ページ

最終更新:7/14(木) 0:13

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。