ここから本文です

ジャガー浅野は無得点に終わるも、計6ゴールが生まれた柏対広島は白熱のドロー

SOCCER DIGEST Web 7/13(水) 21:55配信

浅野のシュートは無情にもバーに阻まれる。

[J1第2ステージ3節]柏3-3広島 7月13日/柏
 
 J1第2ステージ3節の柏対広島は7月13日、日立柏サッカー場で行なわれ、3-3のドローに終わった。

【柏 3-3 広島PHOTO】計34本のシュートが乱れ飛ぶ撃ち合い!最後の1点が決まらずドロー



 ホームの柏は5分、クリスティアーノのCKに中山が合わせて幸先良く先制する。

 しかし、この中山のJ1初ゴールで柏がリズムを掴むかに思われたが、その後は一転してサイドを起点に攻める広島が優勢に立った。
 
 広島は31分に右サイドを攻略し、最後は丸谷がミドルを放つ。すると、これが柏DFに当たってコースが変わり、そのままゴールへ。さらに43分には、塩谷のFKが、またもDFに当たってGK中村の逆を突き、ネットを揺らした。
 
 そして、前半終了間際の45+1分。今度は清水が左サイドから精度の高いクロスを上げ、フリーの柴崎がヘッドで沈めて3-1。広島が2点をリードして前半を折り返した。
 
 後半に入ると、2点のビハインドを背負った柏が、猛攻を仕掛ける。まずは56分、右サイドで仕掛けた伊東のクロスを、D・オリヴェイラがヘッドで叩き込んで2-3。さらに61分には、クリスティアーノがPKを沈めて同点に追いついた。
 
 その後は両チームとも攻撃的な姿勢を保って撃ち合いを演じるも、勝負を決める1点は生まれず。シュート数16対18という見応えのある乱打戦は、3-3の痛み分けに終わった。

 アーセナル移籍が決定している浅野は、何度かチャンスを迎えたが、GKとの1対1でシュートをバーに当てるなど決めきれず。ノーゴールに終わった。

最終更新:7/13(水) 23:08

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。