ここから本文です

ドロー決着寸前、興梠が劇的ループ弾! 浦和が敵地で仙台を下し5連勝を達成

SOCCER DIGEST Web 7/13(水) 22:03配信

仙台の堅守でドロー濃厚の雰囲気のなか柏木のスルーパスに抜け出したのは興梠。

[J1・第2ステージ3節]仙台 0-1 浦和 7月13日/ユアスタ

 アウェー仙台に乗り込んだ浦和が劇的な勝利で勝点3をゲット。5連勝を達成した。

【EURO2016】スタジアム美女総集編

 試合は主導権を握った浦和が攻勢を仕掛けるが、仙台の堅い守りに阻まれゴールが遠い展開に。終盤まで0-0で進み、ついに後半アディショナルタイムに突入。ドロー決着の様相を呈していた。

 しかし90+3分、ようやく均衡が破れる。先制点を奪ったのは、五輪のために次のゲームを最後にしばらく戦列を離れる興梠だった。柏木からのスルーパスに反応した興梠は、仙台GK関の動きを感じながら見事なループシュートを流し込む。これがゴールネットを揺らし、決勝点となった。

 これで浦和は第2ステージ3連勝、第1ステージ16節から5連勝を達成し、年間勝点で3位、第2ステージでは川崎、横浜と同勝点の3位となった。

最終更新:7/13(水) 23:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。