ここから本文です

米国でいま超絶人気、ハミルトンの生涯とは

JBpress 7/13(水) 6:15配信

■ ヒラリーからの観劇の招待

 「ヒラリーと一緒に『ハミルトン』を観劇しませんか」

 まもなく名実ともに米民主党大統領候補になるヒラリー・クリントン前国務長官から私にメールが届いた。同じ文面のメールは私以外の何百万、何千万の有権者に送られているはずだ。

 メールは続けてこう書いている。

 選挙資金1ドル出せば、抽選で8月某日、ヒラリー氏と今人気絶頂のブロードウェイ・ミュージカル『ハミルトン』が楽しめる。ニューヨークまでの飛行機代、ホテル代はすべて出してくれるというのだ。

 連邦選挙法に抵触するかもしれない、新手の選挙資金集め。候補者からのメッセージは今や選挙戦の最大の武器であるインターネットを通じて米全土を駆け巡っている。

■ 歴史劇ミュージカル、トニー賞11部門で冠

 ところで、『ハミルトン』ってどんなミュージカル? 

 今米国内で一大旋風を巻き起こしているブロードウェイ・ミュージカルだ。チケットは来年夏まで完売。プレミアがつくオンラインでは平日のマチネー(昼間興行)でも800ドル、金曜、土曜の夜では1500ドル。

 米演劇界では最高の栄誉とされるトニー賞ミュージカル部門では作品賞、主演男優賞、演出賞、オリジナル楽曲賞など11冠に輝いている。

 独立前夜の米国政界を舞台に暗躍する白人の「建国の父」たちが繰り広げる人間ドラマをヒップ・ホップ音楽に乗せて、歌い、踊りまくる。

 セールスポイントは、「建国の父」の時代だというのに白人の俳優が一切出てこないこと(唯一白人が演じているのは英国のジョージ3世のみ)。

 主役のハミルトンからジョージ・ワシントン(初代大統領)やトーマス・ジェファーソン(第3代大統領)をプエルトリコ系、メキシコ系が演じている。ハミルトンの妻エリーザは中国系、その妹は黒人女優だ。

 「『建国の父』が非白人だということ自体、建国から200年経った今のアメリカ合衆国の人種的な多様性を鮮やかに、シンボリックに描いて見せている」(CNNのミュージカル担当記者)。

 ドナルド・トランプ共和党大統領候補(事実上)のアジ演説の言わんとすることは、一言で表現すれば、「白人だけが繁栄を享受していた、あの古き良きアメリカに戻る」という願望にも似た共和党を支持してきた一部白人のホンネ。

 その「平均像」は低所得、無教養、低学歴の白人ブルーカラー層のようだが、ミュージカル「ハミルトン」を制作する者、見て痺れる人は、どうやら「トランプ種族」とは180度異なる米国人ということになる。

1/5ページ

最終更新:7/13(水) 6:15

JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。