ここから本文です

世界のPC出荷台数、7四半期連続の前年割れ 

JBpress 7/13(水) 6:00配信

 米国の市場調査会社、ガートナーがこのほど公表したパソコン市場に関するリポートによると、この4~6月期における世界出荷台数(速報値)は6430万台となり、1年前から5.2%減少した。

 これでパソコンの四半期出荷台数は7四半期連続で前年実績を下回ったが、ガートナーによると市場はいくらか回復の兆しを見せているという。

■ 通貨安の影響和らぐ

 同社の主席アナリスト、北川美佳子氏によると、これまでパソコン市場にあった問題は、一部の地域における、通貨安を起因とする価格の上昇だった。この問題は昨年、EMEA(欧州、中東、アフリカ)地域などのパソコン市場に影響を及ぼしたという。

 しかし、今年4~6月期におけるパソコン出荷台数の落ち込みは、過去数四半期に比べ緩やかなものになっており、これら地域における通貨安の影響は和らぎつつあるようだと、同氏は指摘している。

 一方でむしろ問題となりそうなのは、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)。

 6月23日に実施された国民投票は4~6月期の世界パソコン市場に大きな影響を及ぼさなかった。しかしこのブレグジット問題は今後、通貨のみならず、欧州域内を越えて経済全般に不安定をもたらす恐れがあると同社は指摘している。

 またこの4~6月期は北米を除くすべての地域でパソコンの出荷台数が減少した。とりわけ中南米は不安定な政治と経済が要因となり、市場は依然低調だと、ガートナーは指摘している。

 この地域の今年後半の出荷台数は500万台を下回ると見られている。これは1年前と比較し2割以上低い数値で、中南米パソコン業界の歴史の中で、最も低い水準になる可能性があると同社は予測している。

■ 首位のレノボは5四半期連続前年割れ

 4~6月期のメーカー別出荷台数は、中国レノボ・グループ(聯想集団)、米HP、米デル、台湾エイスース(華碩電脳)、米アップルの順となった。

 レノボの出荷台数は1320台で、1年前から2.2%減。2位のHPは1228万台で同1.8%増。3位のデルは979万台で同3.1%増。エイスースは470万台で同1.3%増、アップルは456万台で同4.9%減だった。

 このうちレノボは首位を維持したものの、出荷台数の前年割れはこれで5四半期連続。同社は米国市場でノートパソコンが2桁成長するなど好調だったが、EMEA地域では引き続き不振。

 またレノボはアジア太平洋地域でも前年割れだったが、その減少幅は同地域全体のそれよりも小さかったという。

■ 米国はプラス成長、世界市場を牽引

 なお、別の調査会社である米IDCも世界のパソコン出荷台数(速報値)を公表している。こちらのリポートでは4~6月期の出荷台数は6240万台。前年同期から4.5%減少したものの、IDCが先に予測していた7.4%という減少率ほどの落ち込みではなかった。

 そしてIDC、ガートナーともに4~6月期は米国市場で出荷台数が伸びたと報告している。

 IDCのリポートでは、同四半期の米国出荷台数は1703万台で1年前から4.9%増加、ガートナーのリポートでは1522万台で同1.4%増加したと報告している。

 IDCによると、米国市場における好調な実績は、今後の世界パソコン市場の姿をうかがわせるという。その伸びは劇的と言えるものではない。だがIDCの従来予測を若干上回るプラス成長へと導く可能性があるという。

小久保 重信

最終更新:7/13(水) 6:00

JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。