ここから本文です

【試写室】「はじめまして、愛しています。」で笑顔に!

Smartザテレビジョン 7/14(木) 5:00配信

ああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!

あ、失礼。決してキーボードを打ちながら寝てしまったわけではありませんよ。7月14日(木)夜9時からスタートの「はじめまして、愛しています。」(テレビ朝日系)の一コマです。(どんな入り方だ)。

【写真を見る】オンエアをもって明らかになる、男の子を演じている子役は誰だ!?

主演に尾野真千子、その夫を江口洋介が演じ、ヒットメーカー・遊川和彦が脚本を担当するという話題作。過酷な条件が課せられる特殊な養子制度を題材に、これまで多くの問題・話題作を手掛けてきた遊川が「本当の家族とは何か」という普遍的なテーマに挑戦する。

いずれもテレビ朝日の連続ドラマ初登場であり、ドラマの共演は「はじめまして」の3人が、家族の形が見えにくくなっている現代だからこそ“家族で見てほしい”いまだかつてないホームドラマの時を刻む。本作を一足先に視聴し、見どころを独自の視点で紹介する。

自宅でピアノ教室を開いている美奈(尾野)の元に、新しい生徒が母親にと共にやってくる。だが、子供の様子から音楽が好きではないと察した美奈は「無理にやらせても上達しない」と、あっさりとレッスンをやめようとする。期待を裏切られた格好の母親は「有名指揮者の娘だって聞いたから来たのに!」という捨てぜりふを美奈に浴びせ、怒りもあらわに子供を連れ帰ってしまう。

反論せず、ただ柔和な笑みとともに頭を下げて親子を見送った美奈は、そのままトイレに駆け込み「ああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」と便器に向かってうっぷんを吐き出す。

その晩、美奈は帰宅した夫の信次(江口)から、近所でゴミ箱を漁る不気味な生き物が出没するとのうわさを聞かされる。変質者か、危険な動物かは分からないというが、そんなことよりも、美奈がいま案じなければいけないのは近々ある国際コンクールのことだ。

10代のころから夢見ているコンクールでの入賞。これまで49連敗で35歳を迎えてしまった美奈は、年齢制限のあるコンクールへの出場は今回が最後だと決めていた。

そんな覚悟で美奈がピアノの練習をしている最中に、夫が言っていた不審なものが自宅の庭に侵入。恐る恐るその正体を確かめると、それは予想だにしなかった幼い男の子だった。

服も体も汚れ、無表情で何も喋らない男の子の素性は何一つ分からなかったが、美奈の差し出したドーナツをむさぼる様子から、空腹であるということは分かる。

その後、男の子は親から虐待を受けていたことが判明。その親もこの1カ月以上、姿が確認されないことから、男の子は養護施設に入ることに。それから数日後、その男の子が、どういうわけか再び梅田家の庭に姿を現す。相変わらず何も語らず、名前も分からないが、彼が2度も自分の家にやってきたことに運命めいたものを感じた夫は、ひそかに特別養子縁組について調べ始める…というストーリー。

まずスタート数分で度肝を抜かれたのは、尾野の便器絶叫シーン。もちろんうわさではそういうシーンがあると聞いていたが、事前にあえて余計な情報を入れずに見ていたら、尾野が服装といい、ピアノを弾くさまといい、実に清らかで上品なマダムに見えたので、いきなりカウンターを食らった気分。

思わず飲んでいた牛乳を吹き出し、「吐いちゃいまして、ごめんなさい。」と妻に平謝りで、テレビの前が地獄絵図になったのはここだけの話だ。

気を取り直して話に戻るが、彼女の夫役・江口の“三枚目っぷり”がまた実にいい! 勝手なイメージで、ここ最近は割と渋くてクールな感じの印象だったのだが、「カレーにカレイは合わないか~」と言ってみたり、よく分からない語呂合わせを作ってみたり、「美奈ちゃん美奈ちゃん」と少年のようにはしゃいでみたり…。

特に最近の若い子には新鮮な江口の姿が見られることは間違いない。彼の演技のおかげで、暑い夏に心もポカポカ温かくなるだろう。

二人が男の子と出会ってからは、特に尾野演じる美奈が天性のママっぷりを発揮。お漏らししてしまっていた男の子を着替えさせるシーンなど、もう男の子がうらやましい。時に厳しく、時に優しい、古き良きママを演じる尾野に、彼女の子供になりたい視聴者が続出しそうだ。あ、ご多分に漏れず私も…。

さておき、ここではまだ男の子が誰かは言えないがこの子の演技も絶妙! 物憂げな表情に、救いを求めているようで大人には期待していないような目と、心を開かない雰囲気の演技、そしてドーナツのむさぼり方まで、大人顔負けとはこのことでしょ、という演技に「全米が泣いた…」。まあ、全米では放映されていないだろうけど。

ちなみに男の子のキャストは誰か? それはね…って、言えんがな。

その他では、余貴美子のミステリアスで緩急をつけた演技もさすがの一言。大人たちに対しては毅然とした態度でどこかキツイ印象なのに、ひとたび子供と向き合うと、一気に違う柔和な表情と喋り方に早変わり。当然と言えば当然なのだが、日本を代表する女優のすごさをまざまざと見せつけられた印象だ。

もちろん安定の坂井真紀の“自由な妹”感、女性にだらしない駄目なモテ男を演じさせたら右に出る者はいない速水もこみち、THE町のお巡りさん姿が似合い過ぎる山崎樹範に、尾野の“心の声”も心地いい。

脚本・演出の妙もさることながら、個性も癖も強めなキャストが織りなすハートフルなホームドラマとなっており、「はじめまして」でもがっしりと心をわしづかみされて、誰もがこのドラマを「愛しています。」と言いたくなるはず。

子育てで悩む大人たちにも勉強になることはたくさんあるし、ある意味では家族向けの教育ドラマともいえる本作。これを見て、うちの子の接し方を勉強しよう。まあ、その前に妻を見つけなあかんよなあ。(前述の妻は架空の人物です)

それはさておき、美奈のような美人の先生にピアノを教えてもらえたらもっとピアノが上達しただろうなとか、信次のような熱い不動産マンがいたらいい部屋を探してもらえただろうに…とか、そういう勝手なことを思い浮かべ、今宵はこのドラマを見ながらレモネードで乾杯しよう。

最終更新:7/14(木) 5:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Smartザテレビジョンの前後の記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ