ここから本文です

「色気を感じる」夏の女性の仕草TOP10

R25 7/14(木) 7:00配信

梅雨明け前から夏本番のような天気が続く毎日。とはいえ、女性が薄着になるなど暑い季節ならではの楽しみもある。夏だからこそ見られる「女性の色気ある仕草」に注目している人もいるかもしれない。そこで、色気を感じる女性の仕草・状態について、夏ならではの仕草を中心に20~30代の独身社会人男性200人に調査した。

●色気を感じる女性の仕草TOP10
(全13項目のなかから上位3位まで回答。1位は3pt、2位は2pt、3位は1ptで集計。 R25調べ・協力/アイリサーチ)

1位 髪をかきあげる仕草 257pt
2位 暑さに胸元をパタパタして風を送る姿 232pt
3位 座っている足を組み替える 131pt
4位 中が見えないようにスカートの裾を気にしている 113pt
5位 ソフトクリームを舐める 77pt
6位 髪が汗で額に張り付いている 75pt
7位 頬杖をつく 67pt
8位 力を入れた細腕に、筋肉が浮き出ている 48pt
9位 顔や首筋に汗が浮いている姿 44pt
10位 上着にしみ出るほど腋汗をかいている 31pt

※番外
11位 果物などを食べて濡れた口元 29pt
12位 飲み物を飲み干すときの喉の動き 22pt

“夏”に色気を感じる仕草を様々織り交ぜて尋ねたが、2位「暑さに胸元をパタパタして風を送る姿」、5位「ソフトクリームを舐める」、9位「顔や首筋に汗が浮いている姿」などを抑えてトップに君臨したのは、「髪をかきあげる仕草」。男がドキッとする定番の仕草が変わらぬ人気を証明した形だ。では、それぞれの項目についてのコメントを見ていこう。

【1位 髪をかきあげる仕草】
「男ならだれでもそう思うのではないのでしょうか」(21歳)
「髪をかきあげる際のさらっとした感じが良い」(25歳)
「色気を感じるから」(30歳)
「なんとなく色っぽく感じてしまう」(26歳)
「仕事中でも 自然に同僚がしているしぐさにも 女性らしさを感じます」(28歳)

【2位 暑さに胸元をパタパタして風を送る姿】
「女性っぽさが良く出る仕草だから」(24歳)
「ドキッとするから」(26歳)
「胸元が見えそうでドキドキする」(28歳)
「見えそうで見えないのが余計にそそられてしまうから」(38歳)

【3位 座っている足を組み替える】
「色っぽいから」(31歳)
「脚が綺麗で美しいから」(36歳)
「組み替えた瞬間に太ももの奥が見えそうで見えないところ」(36歳)
「セクシーですよね」(38歳)

【4位 中が見えないようにスカートの裾を気にしている】
「一瞬ドキッとする」(28歳)
「女性特有だから」(27歳)
「かわいいから」(27歳)
「わざわざそんな格好しなくていいのに、というような格好をしておいて、その格好にある種束縛されている姿が、女性の魅力の一つだと思うから」(39歳)

【5位 ソフトクリームを舐める】
「セクシーに感じるので」(32歳)
「舌フェチなので、グッと来ます」(32歳)
「口元にエロさを感じるから」(33歳)

【6位 髪が汗で額に張り付いている】
「働き盛りのウーマンのような感じなので」(32歳)
「必死でがんばっている姿が、強調されている印象だから」(33歳)
「色っぽい」(38歳)

【7位 頬杖をつく】
「すごくかわいく見える」(25歳)
「セクシー」(39歳)

【8位 力を入れた細腕に、筋肉が浮き出ている】
「筋肉質の女性は割と好きなので」(36歳)
「頼りになりそう」(36歳)
「美しいから」(37歳)

【9位 顔や首筋に汗が浮いている姿】
「緩んでいる感じがいい」(30歳)
「いろっぽく見える」(30歳)

【10位 上着にしみ出るほど腋汗をかいている】
「下着が透けて見える」(39歳)
「綺麗な人ほど興奮しますね」(39歳)

それぞれ細かく女性の仕草を見ていて、“フェチポイント”がわかるコメントばかり。夏の仕草に限った選択肢ではないが、暑い季節への期待がうかがえる結果となった。あなたはどんな仕草にグッとくるだろうか。

(小笠原敦)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/14(木) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。