ここから本文です

男性も楽しめるECサイト「実店舗化」動き加速中

R25 7/14(木) 7:00配信

ネット通販などのECサイトを運営する企業が、顧客との接点を増やそうと「実店舗化」へと向かう「クリック・アンド・モルタル」と呼ばれるビジネス手法。ネットとリアルの相乗効果を狙うこの動きがここに来て活発になっている。これまでは、コスメショップやレディースブランドなど女性向けリアル店舗が多い印象だったが、最近では、男性にも嬉しいショップが続々オープンしているのだ。

●Amazon Books

米・ネット通販大手のアマゾンが、本社のあるシアトルに初の実店舗をオープンさせたのは、2015年の11月。「実際に本を手に取る」ことで、ネット通販を補完する展開が好評のため今後もアメリカ国内での出店を増やしていく計画だという。日本への展開は未定。

●LaFabric

株式会社ライフスタイルデザインが展開するメンズファッションブランド「LaFabric」の実店舗が今年1月に渋谷にオープン。元々が高品質なアイテムを低価格でカスタムオーダーできるオンラインショッピングサイトだったため、実店舗のオープンによって、生地を生で見られたり、実際に試着ができたり、採寸してもらえたり…とネットでは難しかった部分を補完するメリットも多いようだ。

●藤巻百貨店

伊勢丹のバイヤーとして名を馳せた故・藤巻幸大氏のプロデュースにより2012年に発足したECサイト「藤巻百貨店」。その実店舗が今年3月、東急プラザ銀座にオープンした。「商品を実際に見てみたい」という顧客のニーズに応えるとともに、東京オリンピックなどに向け“日本”をテーマにした商品の人気が高まることを見越した展開だという。

●Time mart

タイムセールサイト「LUXA(ルクサ)」は、昨年11月「渋谷モディ」に「Time mart(タイムマート)」をオープンさせた。食雑貨や生活雑貨などを販売するとともに、季節に合わせたイベントを開催するなど、リアルな場を活かした取り組みも行っている。

●メンズファッションプラスAKIBA

男性服の通販サイト「メンズファッションプラス」が8月にオープンさせるのが「メンズファッションプラスAKIBA」。同店は、女性がカッコいいと思う服を一緒に選んでくれる、をコンセプトに運営する完全予約制のショップ。そのコンセプトに基づき、スタイリストなどの専門職に就く女性ではなく、普通の女の子たちである「服トモ」が“接客”。事前のやりとりや当日のヒアリングなどで、男性の好みをリサーチし、コーディネートを提案するという。

また、接客を受けると「絶対買わなくては…」という思いに駆られてしまうのも洋服店の“あるある”だが、「メンズファッションプラスAKIBA」では、店舗では購入ができないのも特徴。気兼ねなく試着し、もし気に入れば後日webサイトで注文してもらうというシステムだ。

単にネットをリアルに移すのではなく、ECのデメリットである「実物を見られない、試せない」を解消したり、プラスアルファの価値を提供したりと様々な展開が増えてきている。期間限定のものもあるので、チェックしてみては?

(小笠原敦)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/14(木) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。