ここから本文です

外食vs自炊・店選び・ランチ代…イマドキ男女の外食事情

R25 7/14(木) 7:00配信

SNSに料理やおしゃれなレストランの写真を自慢げに上げている人ってたくさんいますよね。

最近は仕事が忙しい女性も多くなったし、おいしいお店もたくさんあるので、外食派も増えているのでしょうか?そこで今回のセキララ★ゼクシィは、20~30代の男女に外食事情を調査してみました。

■女性が自分で料理するのは、1カ月の半分

まずは女性210人に、「1カ月の中で外食の夕食と自炊の割合はどのくらいですか?」と質問し、1人の合計が10となるように数字を割り振ってもらいました。その平均値の割合を出してみたところ、自分で料理する割合は1カ月の半分くらいという結果に。

<女性の1カ月の外食の割合>
自炊(自分で料理する):55%
自炊(親や家族が料理してくれる):21%
外食(レストランなどお店で食事する):15%
外食(出来合いのもの・お弁当などを買ってくる):9%

男性312人にも同様の質問をしてみたところ、親や家族が料理してくれる自炊が多く、出来合いのものやお弁当を買ってくる人も女性より多いようです。とはいえ、自分で料理する男性が2割もいてビックリ!

<男性の1カ月の外食の割合>
自炊(自分で料理する):21%
自炊(親や家族が料理してくれる):42%
外食(レストランなどお店で食事する):18%
外食(出来合いのもの・お弁当などを買ってくる):16%

■デートの時は外食?それとも手料理?

デートの時は外にふたりでおいしいものを食べに行くのかと思いきや、やはり手料理派の方が多いようです。外食派か手料理派か、その理由も併せて聞いてみました。

<女性>
外食 41% < 手料理 59%

【外食派】
●「おいしいものを食べるのがふたりとも好きなので、よく評判のお店を探しては一緒に食べに行ってます」(32歳)
●「結婚したら毎日作らなきゃいけないので、今は外食を楽しみたい」(24歳)

【手料理派】
●「お互いに仕事の付き合いで外食が多いので、なるべく家では栄養のあるものを食べたい」(28歳)
●「一緒に手料理をするとふたりの距離も縮まるし、外食よりも節約になる」(31歳)

<男性>
外食 49% < 手料理 51%

【外食派】
●「おいしいものをゆっくり一緒に食べたい」(24歳)
●「お金は掛かるが気を使わなくて済む」(34歳)

【手料理派】
●「彼女の味付けの料理を食べたいから」(28歳)
●「手料理の方が安く済む上に、愛情を感じておいしさも増すから」(27歳)

■お店選びの基準は雰囲気やムードorその日の気分?

続いては、外食時に自分でお店を選ぶ場合、どんな基準でお店を選んでいるのか、男女別に聞いてみました。TOP3はこちら!

<女性>
1位:その日の気分で食べたいものから選ぶ(66%)
2位:価格帯がお手頃なお店であること(55%)
3位:食べログなどの点数が高得点である(38%)

<男性>
1位:雰囲気やムードがよくてデート向きである(48%)
2位:食べログなどの点数が高得点である(44%)
3位:価格帯がお手頃なお店であること(40%)

男性の76%は自分でデートのお店を決めると答えているので、女性は食べたいものがあったら事前に伝えるとバッチリかもですね。

■先月外食で使った一番高い金額はいくら?

最後に外食で使う金額について聞いてみました。先月の外食で一番安い外食は、男女共におにぎりやパン、ラーメンなどで100円!1回の食事で一番高かった人の金額は女性の65000円で、お誕生日の鉄板焼きだったのだとか。

また、ランチ代については男性より女性のほうが平均単価が高く2000円~5000円のリッチなランチを楽しむ人も。ランチはおいしいものを食べられるので、有効活用する女性が多いのかもしれませんね。


【データ出典】
・ゼクシィユーザーアンケート
調査期間:2016/4/28~5/13
有効回答数:210人(女性)

・あなたご自身に関するアンケート 2016/4/28~4/30実施
(インターネットによる20~30代男性へのアンケート調査 調査機関:マクロミル)


記事提供/『セキララ★ゼクシィ』

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/14(木) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。