ここから本文です

パリ仕立ての小型車「ルノー トゥインゴ」今秋発売!

東京ウォーカー 7/14(木) 6:04配信

ルノー・ジャポンは、7月13日、新型「ルノー トゥインゴ」を、9月15日(木)から販売開始することを発表した。価格は189万円から。

【写真を見る】トゥインゴを挟んで2名のモデルとタレントのIVAN

■ パリ仕立てのコンパクトカー

トゥインゴは、フランス・パリで暮らす人々のライフスタイルに適う性能や装備、そして経済性を有した1台に仕上げられている。

街の細い路地に入っても取り回しのしやすいよう、ボディサイズは全長3,620mm×全高1,545mm×全幅1,650mmとコンパクト。でありながら、大人4人がしっかり乗れて、かつ広い荷室を備えている。

室内は、大きなフロントガラスとサイドウィンドウ、そして高いアイポイントのシートによって、見晴らしのよさを実現。フランス車らしいハイセンスなインテリアと相まって、明るくて陽気で、開放感のある雰囲気としている。

このトゥインゴの最大の特徴は、最高出力90ps馬力を発生する0.9Lターボエンジンをリアにマウントし後輪駆動としたこと。これによりフロント部にスペースが生まれ、タイヤの切れ角を増すことで最小回転半径4.3mという、軽自動車並みの高い小回り性を実現。街をキビキビと走るに適した1台に仕上げられている。

この新型ルノー トゥインゴの発表会にてルノー・ジャポンの大極社長は「世界で最も美しい街であるパリで生まれたトゥインゴは、カッコいい、そして美しいというフレンチタッチに仕上げられています。また、パリには細い道や石畳が多く、また交通量が多い。そんな中にキビキビに動く車にも仕上げられています。どんな場面でも、どんな価値観にも合い、そして運転しやすく乗り心地がよいトゥインゴを、ぜひ、みなさんに体験して欲しいです」と語った。

また席上、発売を記念して、1.0L NAエンジン搭載のMT車「ルノー トゥインゴ サンクS」(169万円)と、スポーティーな装備を追加した「ルノー トゥインゴ パックスポール」(199万円)を各50台限定で発売する事も発表された。

さらに、パリ・トゥインゴ試乗会の他、9月15日までの間、全国各地でキャラバンを実施する予定とのこと。

パリ生まれの小粋なコンパクトカーが、日本の道をキビキビとオシャレに走る日を楽しみにしよう【東京ウォーカー】

最終更新:7/14(木) 6:04

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016