ここから本文です

なすトロ~リ、肉汁はジュワッの「なすメンチカツ」

東京ウォーカー 7/14(木) 21:30配信

まさに旬のなす。なすには体を冷やす作用がありほてった体を冷ましくれるので、これからの季節積極的に食べていきたい。またリコニンという成分が胃液の分泌を促したりと、食欲不振対策にも効果的な野菜だ。そんな「なすパワー」がいっぱい、夏バテ予防になるガッツリメニューはいかが? なすに肉だねを挟んだメンチカツなら食べごたえも十分。油との相性がいいなすはやわらかくなってトロ~リ、中はジュワっと肉汁の旨みが広がる。間違いない美味しさに思わずごはんがすすむ一皿をどうぞ。

【写真を見る】なすの中に肉だねのおいしさを閉じ込めるように

【なすメンチカツ】(1人分494Kcal、塩分1.7g)

<材料・2人分>なす4個、肉だね(合いびき肉200g、溶き卵1/2個分、玉ねぎのみじん切り大さじ3、パン粉大さじ2、塩小さじ1/2、こしょう少々、パン粉)、揚げ油

<作り方>(1)ボウルに肉だねの材料を入れ、粘りが出るまでよく練り混ぜる。(2)なすはへたを残して周囲にぐるりと切り目を入れてがくをむき、下から十字の切り込みを深く入れる。(3)(1)を4等分して丸め、なすの切り込みに入れる。両手で押さえ、切れ目の間から肉だねが見えるように形を整える。肉だねの面にパン粉をしっかりまぶす。パン粉が肉だねに直接しっかりつくように、切り目の間から肉だねが少し出るように形を整える。(4)フライパンに揚げ油を3cm深さまで入れて中温(約170℃)に熱し、(3)を入れて時々返しながら4~5分揚げる。全体にこんがりと揚げ色がついたら取り出し、油をきって器に盛る。好みでキャベツのせん切りを添えても。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:7/14(木) 21:30

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。