ここから本文です

堀江貴文・独占インタビュー「人生は時価で考えなければいけない」

BEST TIMES 7/14(木) 12:00配信

堀江貴文・最新刊『99%の会社はいらない』(ベスト新書)が大好評10万部突破! 体調が悪いのに会社を休めない、メールで済むことをわざわざ電話で確認する、毎週の会議に時間をかける……なぜ日本の会社には無数のムダがはびこっているのか? そしてムダな働き方を変える方法とは? ホリエモン・特別インタビューもいよいよ最終回! 

もう失ってしまった過去に目を向けても意味がない

 東大を卒業して、それなりの大手企業でコツコツと勤め上げ、何十年かかけて課長にまで上り詰める人生と、小規模ながらスピード感と夢のあるベンチャー企業に就職して、さまざまなビジネスを展開するか、という二つの選択肢があった場合。
 もちろん決めるのはその人次第だと思うんですけど、こういうときは人生を「時価」に換算して考えることで、前者がいかに非効率なのかがわかってくると思う。
 時間というのは当たり前だけど、配ることも増やすこともできない、誰もが平等に持っている大切な財産。つまり、命そのものです。そう考えれば、自分がいま何をなすべきなのかがはっきりと見えてくるはず。

―人生を「時価」で考えることで、自分が気にしなくてもいいことが見えてくるということでしょうか? 

 というよりは、いま自分がハマるべきことや、突き抜けられることが、わかってくる感じかと。
 僕が会社を経営していてまだ社員が5名くらいしかいない時期に、東大生のアルバイトを一人雇っていたんです。ネット環境でシステムを組む仕事に本当にハマっていて、本人も大学卒業後には社員になりたいと言っていたし、僕から見ても、なかなか優秀で使える人材だったから期待をしていた。
 でも、あるとき、彼の親が会社に怒鳴り込んできて「こんな会社に入れるために、うちの子を東大にまで行かせたんじゃない!」と、ものすごい剣幕でまくし立ててきて。結局、彼はそのまま会社をフェードアウト。親の反対をただただ受け入れて、チャレンジをしなかった。でも、これも人生を時価で考えてみれば、親を説得して働き続ける道があったはず。
 そこに後悔はないのだろうか? その選択は本当に幸せなのだろうか? と思ってしまう。実際に、その会社はライブドアになったわけだし。

―なるほど。そこで後悔したことや失ったものに気づいたときには、どうすればいいのでしょうか? 

 もう失ったものに目を向けても意味がない。人は往々にしてなくなったものばかりに目を向けてしまいがちですけど、なくなったものというのは過去にすぎない。過ぎ去ったものというのは時価で換算すると、価値がゼロ。もちろん、取り戻すこともできない。いまあるものが価値のすべてで、過ぎ去ってしまったものにとらわれても時間の無駄でしかないんです。
 だから、どうせ悩むのなら失ったものにくよくよするのではなく、いまから取ることのできる選択肢の中で悩んでいくべき。いまある財産の中で何ができるのか、これが人生を時価で考えるという発想の基本です。

「○○さんの意見は聞かないといけない」などと勝手な思い込みにとらわれて、いまこの瞬間を生きていない人が世の中には多い。けれども、いまこの瞬間を楽しんで生きている人は決して昔話をせずに、新しいことに意識を持ち続けています。
 この本を読んで、そうやって生きていく人が増えて欲しい。それが僕の正直な願いですね。

文:杉原光徳

最終更新:7/14(木) 12:00

BEST TIMES

記事提供社からのご案内(外部サイト)

BEST TIMES

KKベストセラーズ

笑える泣ける納得する!KKベストセラーズ
の編集者がつくる「BEST TIMES」
(ベストタイムズ)。ちょっとでも皆さんの感
情を揺さぶれたらいいな、と思います。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。