ここから本文です

ツール・ド・フランス第11ステージはサガンとフルームがサプライズな逃げを決め、サガン2勝目!

CYCLE SPORTS.jp 7/14(木) 8:18配信

強風に見舞われた南仏ステージ

第103回ツール・ド・フランス(UCIワールドツアー)は、7月13日にカルカッソンヌからモンペリエまでの162.5kmで平坦区間の第11ステージを競い、強風の影響で落車と集団分断が続いて慌ただしい1日になったが、最後は予想通り集団ゴールスプリントで終わるかと思われた。

ところが、ゴールまで残り12kmで集団の先頭からマイヨ・ベールのペーテル・サガン(ティンコフ)がチームメートのマチエイ・ボドナル(ティンコフ)とアタック。それにマイヨ・ジョーヌのクリストファー・フルームとチームメートのゲラント・トーマス(スカイ)が付いて行き、そのまま逃げ切ってしまった。

最後はマイヨ・ベールのサガンが、マイヨ・ジョーヌのフルームをゴールスプリントで難なく下し、今大会2勝目を上げた。集団は6秒遅れでゴール。フルームは6秒のボーナスタイムも獲得し、総合を争うライバルたちとのタイム差を12秒広げることができた。

サガンのコメント「計画はしていなかった。マイヨ・ジョーヌとマイヨ・ベールが前にいる。そんな逃げが形成されたなんて信じられない。風と落車でクレイジーな一日だった。今日の走りは辛かったけれど、みんながそれを見て楽しんでくれることを望んでいる」

■第11ステージ結果[7月13日/カルカッソンヌ~モンペリエ/162.5km]
1 ペーテル・サガン(ティンコフ/スロバキア)3時間26分23秒
2 クリストファー・フルーム(スカイ/英国)
3 マチエイ・ボドナル(ティンコフ/ポーランド)
4 アレクサンダー・クリストフ(カチューシャ/ノルウェー)+6秒
5 クリストフ・ラポルト(コフィディス/フランス)+6秒
6 ヤスペル・スタイブン(トレック・セガフレード/ベルギー)+6秒
7 エドワルド・ボアソンハーゲン(ディメンションデータ/ノルウェー)+6秒
8 アンドレ・グライペル(ロット・ソウダル/ドイツ)+6秒
9 ゾンドルホルスト・エンガー(IAM/ノルウェー)+6秒
10 オリビエ・ナーセン(IAM/ベルギー)+6秒
15 アダム・イエーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ/英国)+6秒
17 ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)+6秒
22 ファビオ・アルー(アスタナ/イタリア)+6秒
26 バウケ・モレマ(トレック・セガフレード/オランダ)+6秒
27 リッチー・ポート(BMC/オーストラリア)+6秒
35 ダニエル・マーティン(エティックス・クイックステップ/アイルランド)+6秒
65 ルイ・メインティス(ランプレ・メリダ/南アフリカ)+1分09秒
68 ホアキン・ロドリゲス(カチューシャ/スペイン)+1分09秒
179 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)+5分39秒

■第11ステージまでの総合成績
1 クリストファー・フルーム(スカイ/英国)52時間34分37秒
2 アダム・イエーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ/英国)+28秒
3 ダニエル・マーティン(エティックス・クイックステップ/アイルランド)+31秒
4 ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)+35秒
5 バウケ・モレマ(トレック・セガフレード/オランダ)+56秒
6 ロマン・バルデ(AG2R・ラモンディアル/フランス)+56秒
7 セルヒオ・エナオ(スカイ/コロンビア)+56秒
8 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)+1分13秒
9 ティージェイ・バンガルデレン(BMC/米国)+1分13秒
10 ロマン・クロイツィーゲル(ティンコフ/チェコ)+1分28秒
11 ファビオ・アルー(アスタナ/イタリア)+1分23秒
12 ホアキン・ロドリゲス(カチューシャ/スペイン)+1分52秒
13 ルイ・メインティス(ランプレ・メリダ/南アフリカ)+2分10秒
14 リッチー・ポート(BMC/オーストラリア)+2分22秒
131 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)+1時間43分25秒

[各賞]
■ポイント賞(マイヨ・ベール):ペーテル・サガン(ティンコフ/スロバキア)
■山岳賞(マイヨ・アポワ):ティボー・ピノ(FDJ/フランス)
■新人賞(マイヨ・ブラン):アダム・イエーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ/英国)
■チーム成績(黄ゼッケン):BMCレーシングチーム(米国)
■敢闘賞(赤ゼッケン):アルチュール・ビショー(FDJ/フランス)

最終更新:7/14(木) 8:18

CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年1月号

株式会社八重洲出版

1月号
毎月20日発売

670円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。