ここから本文です

【山映画】名誉も栄光もない、史上もっとも過酷な登攀が映画化

エイ出版社 7/14(木) 17:10配信

名誉も栄光もなきオム・ホンギルの挑戦がここに始まる

オム・ホンギルは1960年9月に韓国で生まれた。

1988年にエベレストの山頂8,848mに立ち、世界最高峰を制した後もヒマラヤへの挑戦を続ける。アジア人で初めて8,000m峰全14座を登頂、さらには衛星峰を含めた8,000m峰全16座を世界で初めて制覇する。

韓国、そしてアジアを代表するレジェンド登山家だ。

ある日、すでに第一線を退いていたオム・ホンギルに悲しい報せが届く。8,000m峰4座をともに登った、パク・ムテクがエベレストで遭難死したというのだ。彼との友情は仲間という言葉を越え、血を分けた兄弟以上の関係とまでいえた。

デス・ゾーン――死の領域――標高8,750mの氷壁に遺された、弟の亡骸。誰もがあきらめるなか、神の領域での遺体回収という、名誉も栄光もなきオム・ホンギルの挑戦がここに始まる。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
作品情報

○映画「ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~」

公開日:7月30日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、シネマート新宿ほか全国順次ロードショー
監督:イ・ソクフン監督。映画「パイレーツ」「ダンシング・クィーン」
出演:ファン・ジョンミン、チョンウ
配給:CJ Entertainment Japan
コピーライト:(C)2015 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.

最終更新:7/14(木) 17:10

エイ出版社

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。