ここから本文です

中国、FIFA公認の国際大会”中国杯”開催へ。将来的には8チーム参加のビッグ杯に

フットボールチャンネル 7/14(木) 7:10配信

 代表チームの強化を目指す中国で、来年1月から国際サッカー連盟(FIFA)公認の国際大会「中国杯」が開催されることになったようだ。13日にスペイン紙『マルカ』が報じている。

【ブラジルW杯】スタンドの花、世界の美女サポーター競演

 同紙によると、FIFAから承認を得た国際大会を2017年1月から中国で毎年開催することになったとのこと。ワンダ・グループ(万達集団)がトップスポンサーを務める大会で、ヨーロッパなどから3チームほど招待するようだ。まずは計4チームで行い、将来的にはコンフェデレーションズ杯に匹敵する計8チームで行う予定としている。

 ワンダ・グループのトップを務める王健林氏は中国一の大富豪と言われており、アトレティコ・マドリーの株式20%を所有している。今年3月にはワンダ・グループがFIFAとスポンサー契約を結んでおり、両者の関係が深まっている。

 中国スーパーリーグでは、欧州リーグで活躍した選手を獲得するなどして、リーグのレベルアップに繋がっていた。中国は2050年までに世界に誇るサッカー大国を目指しており、近いうちに日本代表を脅かす存在になるかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:7/14(木) 12:45

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。