ここから本文です

「ホームパーティーはもうコリゴリ!」にならないための“段取り術”

エイ出版社 7/14(木) 17:20配信

前日までにできることを済ませておく

招いた側である自分が楽しみたいのは、やまやま。でも正直言って、当日ホームパーティーを楽しむなんてそんな余裕、とてもありません! ……そんな声も聞こえてきそう。

ホストがバタバタしていると、招かれた側も気になってしまってせっかくの食事を落ち着いて楽しめません。当日、みんなでテーブルを囲んでおしゃべりを楽しむためには、前日までにできることを済ませておくことが大事です。料理家の柚木さとみさんに教わった段取り術を参考に、当日の動きを最小限にして、余裕をもったパーティーを叶えましょう!

1.備品をチェックしておく

意外と忘れがちな部分。水回りの掃除をしたついでに、必ず手洗い石けんの残量をチェックして。花も飾り清々しくすれば◎。

2. 荷物置き場も整理整頓

コートや手荷物を預かるスペースを確保。帰りに各自がスムーズに荷物を手にできるよう、整えておきましょう。

3. 買い出しが大変なドリンク類はネットで購入

ドリンク類など、重いものは『ロハコ』のような通販で。当日にあわてて買い出しにいく必要がないように前もってストックを確認し、足りなければ早めに手配を。

4. 合わせ調味料で当日をラクに

それぞれの料理に合わせた調味料をあらかじめ作っておく。計量する手間などがなくなり、当日の作業が驚くほどスムーズに。

この4点だけでも、当日の動きはぐっと楽になります。もう「パーティーはこりごり!」なんて悲鳴をあげずに「またやろう!」と思える、誰もが楽しいパーティーを!

○柚木さとみさん
料理家・カフェプランナー。料理教室『さときっちん』主宰。2016 年7 月ドラマ「侠飯~おとこめし~」(テレビ東京)の料理を担当。
◆柚木さとみさんの「もてなし上手になれるとっておきレシピ」
→http://www.kurashijouzu.jp/party/


(暮らし上手編集部)

ヨシザワ

最終更新:7/14(木) 17:20

エイ出版社

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。