ここから本文です

おいしい食卓をみんなで囲む幸せ。君島十和子さん愛用の食材とは

OurAge 7/14(木) 17:40配信

「幸せでありつづけることは難しいことだからこそ、食卓は喜びに満ちていたい。外で何があっても『さあ、うちに帰ろう』と思える、いえ、思ってもらえる場所にしたいのです」と語る、美容家の君島十和子さん。おいしい食卓をみんなで囲めるのは幸せだということを、娘さんたちに「食」を通して伝えられたら、と笑う。

そんな君島さんが愛用する調味料や食材を教えてもらった。

●醤油 低塩だし醤油/鎌田醤油
「調味料はあまりこだわらずに、気になったものはあれこれとトライしているのですが、お醤油だけは不動です。家族もすっかり慣れてしまっているので、ここ以外のお醤油を使うと『なんか違う…』と、軽い拒否反応を起こされてしまうほど(笑)」 

●海苔 佐賀のはしり/丸山海苔店
「海苔がおいしいと、おにぎりはご馳走になるんです」
お気に入りの海苔は、有名寿司店をはじめ多くのプロに愛されているものだそう。

●レトルトごはん 元気な食卓 五穀ごはん/濱田製麦
「おにぎりをひとつだけ、とかごはんを一膳だけとか、そんな『ひとりごはん』のときに」 
うるち米、押麦、きび、あわ、はと麦の五穀で、冷蔵不要の真空パックになっている。

●卵 リアルオーガニック卵/黒富士農場
「お値段もなかなかな高級品ですので、ゆで卵や目玉焼きなど、卵の味と栄養をまるごとしっかり摂りたいときにいただいています。滋養あり!と、念じながら(笑)」
有機JAS認証取得の、日本初のオーガニック卵だそうだ。

「そのほか、『VIRON(ヴィロン)』のパンも大好物なもののひとつ。カルピスの特撰バターやオリーブオイルをつけていただくと、あっという間になくなっちゃう。ちなみに一般的に敬遠されがちなパンの端っこの固い部分は、私が担当です。というかむしろ好物(笑)」

また、ヘルシーなデリが揃う「FRANZE&EVANS(フランツ アンド エヴァンス)LONDON表参道店」のテイクアウトランチ、調味料にもこだわりがある「紀ノ国屋インターナショナル」のお総菜もお気に入りだそうだ。

最終更新:7/14(木) 17:40

OurAge

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。