ここから本文です

バルサが昨季のローマ“不動の左SB”を20億円で獲得合意 DF陣3人目のフランス人選手に

Football ZONE web 7/14(木) 8:49配信

昨季33試合3得点のフランス代表DFディニュを獲得と、スペイン紙が報じる

 バルセロナがパリ・サンジェルマンからフランス代表DFリュカ・ディニュを、移籍金20億円の5年契約で獲得することで合意に至ったと、スペイン地元紙「AS」が報じている。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 ディニュは昨季ローマに期限付き移籍し、リーグ戦33試合3得点3アシストと活躍。左サイドバックとして不動の地位を築いた。13日にメディカルチェックが予定されており、移籍金は1700万ユーロ(約20億円)で5年契約とレポートされている。

 バルセロナは左サイドバックのスペイン代表DFジョルディ・アルバのバックアップの補強を進めていた。ケルンのドイツ代表DFジョナス・ヘクトール、アトレチコ・マドリードDFテオ・ヘルナンデスの名前が浮上していたが、ローマで鍛えられたディニュが加入することになる。

 これでバルサ最終ラインにDFジェレミー・マテュー、リヨンから獲得したDFサミュエル・ウムティティに続く3人目のフランス人が加わることになる。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/14(木) 8:49

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。