ここから本文です

ゴルフ界のドーピング検査に“穴”!? マキロイが検査の“甘さ”指摘

THE ANSWER 7/14(木) 23:35配信

マキロイがゴルフ界のドーピング検査に物申す

 男子ゴルフの世界ランク4位、ロリー・マキロイ(英国)がゴルフ界のドーピング検査の甘さを“告発”し、波紋が広がっている。英公共放送BBC電子版が報じている。

【写真】リオ五輪での活躍に期待、各種目の日本人イケメンアスリート

 記事では世界アンチ・ドーピング機関が2014年にプロゴルフ界で507回のドーピング検査を行い、うち8例が陽性だったとレポート。一方、マキロイはこの検査自体が機能不十分だと主張しているという。

「私は今年1度テストを受けている。だが、尿検査のみだ。尿検査ではヒト成長ホルモン(HGH)を検出することはできない。もしも、私がHGHを摂取していたとするなら、逃げ切ることができる」

 記事の中でマキロイはこう語っている。

 HGHには筋肉増強作用があるとされ、米野球界ではヤンキースのアレックス・ロドリゲス内野手もHGHなどの禁止薬物使用問題で2014年シーズンに1年間公式戦出場停止処分を受けていた。

 マキロイは記事の中でゴルフ界の検査に“穴”があることを指摘し、「ゴルフが五輪種目であるのなら、検査を強化しなければいけない。平均的には選手は年間に4、5回検査を受けているが、他の五輪種目と比べるととても少ない」とも訴えている。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:7/14(木) 23:35

THE ANSWER

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。