ここから本文です

誘惑に負けず、4ステップで暴飲暴食と夜更かしをやめる習慣

ライフハッカー[日本版] 7/14(木) 23:10配信

夏は気分が開放的になるせいか、さまざまな誘惑に負けて「またやってしまった」と後悔することが多くあります。たとえば、暑気払いという名の飲み会で陥りやすい暴飲暴食。寝苦しさを言い訳に続けてしまう夜更かし。不規則な生活は体調不良や夏バテをまねく大きな原因となるので、できれば避けたいですよね。

では、こうした夏の悪習慣をどうすればやめることができるのか。習慣化コンサルタントの古川武士さんに聞いてみました。


古川武士(ふるかわ たけし)/習慣化コンサルタント
関西大学卒業後、日立製作所などを経て2006年に独立。約2万人のビジネスパーソンの育成と約500人の個人コンサルティングの現場から「続ける習慣」が最も重要なテーマと考え、オリジナルの習慣化理論・技術をもとに個人向けコンサルティング、習慣化講座、企業への行動定着支援を行っている。主な著書に「マイナス思考からすぐに抜け出す9つの習慣」などがあり、全10冊、計30万部を超え、中国・韓国・台湾など海外でも広く翻訳され読まれている。

1. 自分の欲求や行動を分解して悪習慣のパターンを把握する

古川氏:暴飲暴食や夜更かしをどのようにやめるか。「明日からやめる」と決心して実現できれば何も言うことはありませんが、人の心理や行動はそれほど単純ではありません。起こした事実ではなく、その欲求がどこから生まれてくるのかをしっかり抑えておかないと対処法を見つけることはできません。

そこで、なぜしてしまうのか、自分の行動パターンを冷静に考えて書いてみましょう。



暴飲暴食の場合...
仕事上のストレスのせいか、飲み会や家飲みでついつい羽目を外して飲み過ぎ、食べ過ぎている。

夜更かしの場合...
多忙な毎日で自分の時間が取れない不満足感からか、翌日も仕事だとわかっていても、テレビを視たり、スマホアプリで楽しんで夜更かしをしている。



こういったことは誰にでも経験があることかと思いますが、ここで重要なのは、悪習慣を引き起こす「原因」、「誘発する要因」を把握して、どうすればやめることができるかを導き出すことです。

1/2ページ

最終更新:7/14(木) 23:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック